JR東日本とKDDIは15日、ポストコロナ社会を見据え、品川開発プロジェクトをコアとした新たな分散型まちづくり「空間自在プロジェクト」の実現に向けて、12月14日に基本合意書を締結したと発表した。

品川開発プロジェクトのイメージ

「空間自在プロジェクト」は、人・機能がともに都心に集中した従来の拠点集約型の都市づくりから、交通と通信の融合により、場所・時間にとらわれない多様な働き方やくらしを創出する新しい分散型まちづくり。両社は今後、このプロジェクトにもとづくまちづくりのコアシティとなる品川開発プロジェクトの共同推進、分散拠点としてのサテライトシティ(日本各地)の開発、コアシティとその周辺におけるモビリティサービスの開発を検討し、共同事業化をめざす。

品川開発プロジェクトは、JR東日本が「100年先を見据えた心豊かなくらしづくり」をめざし、2024年度頃のまちびらきに向けて推進している事業。5Gを前提とした最先端の通信インフラとサービスプラットフォーム(都市OS)を両社で構築することにより、働く人・住む人・訪れる人のくらしと都市機能が連携し、アップデートし続けるまちづくりをめざす。警備・清掃・物流・駐車場・防災などの都市機能に必要なネットワーク・インフラサービスの提供も検討していく。

「空間自在プロジェクト」のイメージ

サテライトシティの開発では、「空間自在プロジェクト」における分散拠点として、都市周辺や日本各地にサテライトシティと分散型ワークプレイスを開発し、交通・通信・街が一体となったサービスを検討。2021年春以降、東京と神奈川・埼玉・千葉エリアを対象として、多拠点とつながる分散型ワークプレイスのトライアル拠点を開設し、実証実験を順次実施する。

その他、新幹線車両の一部でリモートワーク推奨車両の実証実験、さまざまなパートナーとともに新たな価値やサービスを創出する「空間自在コンソーシアム」の創設も行われるという。

新幹線ワークプレイスイメージ

モビリティサービスの開発では、品川開発プロジェクトにおいて、街区内の移動をサポートするパーソナルモビリティや荷物自動配送ロボットなどのモビリティサービスの開発・実装をめざす。高輪ゲートウェイ駅から周辺エリアを結ぶ、ラストワンマイルモビリティサービスの提供も検討する。

#JR東日本 #新幹線 #電車


JR東日本・KDDI、新たな分散型まちづくり実現へ基本合意書を締結

関連記事

船や物資を運んだ急斜面の線路跡、貨車やレールの下にいま地下鉄が走る

東京メトロ、海外の鉄道関係者向け無料オンライン講座を6月に開催

ついひじ杏奈、京王電鉄の新「プラットガール」に – 5/16から展開

【youtube】新 鉄道ひとり旅〜上信電鉄編ショート版〜

京王電鉄オリジナル「イケメン付箋」駅係員版&技術員版、5/10発売

「バス旅」太川陽介も首をかしげる?鬼軍曹・村井美樹が”腑抜け状態”だったワケ