JR東日本とKDDIは15日、ポストコロナ社会を見据え、品川開発プロジェクトをコアとした新たな分散型まちづくり「空間自在プロジェクト」の実現に向けて、12月14日に基本合意書を締結したと発表した。

品川開発プロジェクトのイメージ

「空間自在プロジェクト」は、人・機能がともに都心に集中した従来の拠点集約型の都市づくりから、交通と通信の融合により、場所・時間にとらわれない多様な働き方やくらしを創出する新しい分散型まちづくり。両社は今後、このプロジェクトにもとづくまちづくりのコアシティとなる品川開発プロジェクトの共同推進、分散拠点としてのサテライトシティ(日本各地)の開発、コアシティとその周辺におけるモビリティサービスの開発を検討し、共同事業化をめざす。

品川開発プロジェクトは、JR東日本が「100年先を見据えた心豊かなくらしづくり」をめざし、2024年度頃のまちびらきに向けて推進している事業。5Gを前提とした最先端の通信インフラとサービスプラットフォーム(都市OS)を両社で構築することにより、働く人・住む人・訪れる人のくらしと都市機能が連携し、アップデートし続けるまちづくりをめざす。警備・清掃・物流・駐車場・防災などの都市機能に必要なネットワーク・インフラサービスの提供も検討していく。

「空間自在プロジェクト」のイメージ

サテライトシティの開発では、「空間自在プロジェクト」における分散拠点として、都市周辺や日本各地にサテライトシティと分散型ワークプレイスを開発し、交通・通信・街が一体となったサービスを検討。2021年春以降、東京と神奈川・埼玉・千葉エリアを対象として、多拠点とつながる分散型ワークプレイスのトライアル拠点を開設し、実証実験を順次実施する。

その他、新幹線車両の一部でリモートワーク推奨車両の実証実験、さまざまなパートナーとともに新たな価値やサービスを創出する「空間自在コンソーシアム」の創設も行われるという。

新幹線ワークプレイスイメージ

モビリティサービスの開発では、品川開発プロジェクトにおいて、街区内の移動をサポートするパーソナルモビリティや荷物自動配送ロボットなどのモビリティサービスの開発・実装をめざす。高輪ゲートウェイ駅から周辺エリアを結ぶ、ラストワンマイルモビリティサービスの提供も検討する。

#JR東日本 #新幹線 #電車


JR東日本・KDDI、新たな分散型まちづくり実現へ基本合意書を締結

関連記事

旧国鉄福知山機関区の歴史と鉄道員の奮闘ここに SL専門誌が特集

京阪3000系「プレミアムカー」連結、平日の快速特急「洛楽」に乗車

津田沼戦争の象徴、閉店決定したパルコの買い物客数減らした「鉄道の開業」

【youtube】ダイヤ改正で利用できる列車に変化?青春18きっぷで乗車できる観光列車にも注目!

世界の鉄道システム市場ーシステムタイプ別(補助動力、HVAC、推進力、車載制御、その他)、車両タイプ別(機関車、メトロ、モノレール、乗用車、その他)最後用途別(乗用車 、貨物列車)ー地域予測2027年

「バス旅」太川陽介の“新パートナー”候補に浮上したアノ“番組大ファン”