JR西日本は15日、新型コロナウイルス感染症が拡大している昨今の状況に鑑み、大みそか深夜から元旦にかけて京阪神地区の一部線区で実施予定としていた臨時列車の運転を取りやめると発表した。

JR京都線・JR神戸線などで予定していた大みそか深夜の臨時列車の運転は取りやめに

同社は例年、大みそか深夜から元旦にかけて京阪神地区で終夜運転を実施してきたが、今年度は終夜運転を行わず、JR京都線・JR神戸線(東海道・山陽本線)、大阪環状線、学研都市線(片町線)・JR東西線、大和路線(関西本線)、万葉まほろば線(桜井線)、奈良線で終電以降、おおむね深夜3時頃まで臨時列車を運転すると発表していた。

しかし昨今の新型コロナウイルス感染症拡大の状況を受け、臨時列車の運転も取りやめとなった。「ご利用のお客さまにはご不便をおかけして申し訳ございませんが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます」とのこと。

#JR西日本 #電車


JR西日本、新型コロナウイルス拡大で大晦日深夜の臨時列車取りやめ

関連記事

太川陽介・村井美樹、『バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅』放送終了後に正解ルート

横浜市電保存館おさんぽ時間、8月1日まで夏休み2021「HOゲージ鉄道模型運転会」開催中

よみうりランドに全然近くない「読売ランド前駅」 現地歩いて感激した理由

シベリア抑留者が建設従事の鉄道、複線化工事で受刑者動員…プーチン氏が号令

秩父鉄道、夏休み特別企画でSL入区作業見学ツアー&ダイヤ作成教室

【youtube】フリーきっぷがついてくるホテル!JRイン函館【道南いさりび鉄道開業5 周年記念「いさりび1 日きっぷ」付きプラン】