JR西日本は15日、新型コロナウイルス感染症が拡大している昨今の状況に鑑み、大みそか深夜から元旦にかけて京阪神地区の一部線区で実施予定としていた臨時列車の運転を取りやめると発表した。

JR京都線・JR神戸線などで予定していた大みそか深夜の臨時列車の運転は取りやめに

同社は例年、大みそか深夜から元旦にかけて京阪神地区で終夜運転を実施してきたが、今年度は終夜運転を行わず、JR京都線・JR神戸線(東海道・山陽本線)、大阪環状線、学研都市線(片町線)・JR東西線、大和路線(関西本線)、万葉まほろば線(桜井線)、奈良線で終電以降、おおむね深夜3時頃まで臨時列車を運転すると発表していた。

しかし昨今の新型コロナウイルス感染症拡大の状況を受け、臨時列車の運転も取りやめとなった。「ご利用のお客さまにはご不便をおかけして申し訳ございませんが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます」とのこと。

#JR西日本 #電車


JR西日本、新型コロナウイルス拡大で大晦日深夜の臨時列車取りやめ

関連記事

午前中を行く高崎線の車窓_すれ違うキヤE195系、秩父鉄道 三ヶ尻線のいま

道の駅「したら」オープンへ

鉄道減便、効果に疑問=通勤減らず混雑誘発—新型コロナ

JR四国2000系が登場した1989年、JR北海道キハ281系や北斗星24系_富士重工業 SUBARU の躍動

道の駅「したら」オープンへ=愛知県設楽町〔地域〕

知る人ぞ知る「究極」の駅が東北に? バリアフリー設備が充実した駅を旅行作家が厳選