秩父鉄道は「SLパレオエクスプレス」の2021年の運行を2月から開始する。全車指定席で、予約の際に希望する席を選択できる「秩父鉄道SL予約システム」を利用できる。

「SLパレオエクスプレス」外観
「SLパレオエクスプレス」客室イメージ

「SLパレオエクスプレス」は今年、牽引する蒸気機関車C58形363号機の全般検査にともない運行しなかったため、約1年2カ月ぶりの運行となる。2021年の運行期間は2月13日から12月5日までとされ、土休日を中心に計105日間の運行を予定。熊谷~三峰口間を1日1往復運転する。

秩父鉄道SL予約システムにて、運行日1カ月前から出発30分前まで席を販売。各日満席になり次第、予約受付を終了する。

#客車 #蒸気機関車 #中小私鉄 #三セク


秩父鉄道「SLパレオエクスプレス」2021年は2月から計105日間運行へ

関連記事

太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」に指摘が出た“ルール違反”

国土交通大臣の芸備線「安易に廃線しないで」発言、筆者の懸念は

トキ鉄と銚電が姉妹鉄道提携、人事交流やコラボグッズ販売などで協力

【youtube】スマホで入場券+フリーきっぷ+嬉しい特典も!「東武スカイツリー天望回廊付き東武本線乗り放題デジタルきっぷ」

倖田來未も思わず爆睡!鉄道ファンが注目した高級クラス座席のお値段

北陸新幹線福井駅、外観が姿を現す – 8月に駅名標の取付けを実施へ