大阪市高速電気軌道(Osaka Metro)は14日、御堂筋線中津駅に可動式ホーム柵を設置すると発表した。2021年1~2月に設置工事を実施し、2月下旬の運用開始を予定している。

御堂筋線天王寺駅に設置された可動式ホーム柵

同社は2025年度までに全133駅で可動式ホーム柵の設置完了をめざしており、2021年度までに御堂筋線の全駅と四つ橋線大国町駅に設置予定としている。

現在、御堂筋線の江坂駅、心斎橋駅、天王寺駅、なかもず駅で可動式ホーム柵を設置済み。12月下旬に新大阪駅、来年1月下旬に西中島南方駅でも可動式ホーム柵の運用を開始する予定で、中津駅も1~2月の工事期間を経て、2月下旬に運用開始する予定となった。今後の設置する駅と設置時期については決まり次第、サイト等で公表される。

#駅 #OsakaMetro #地下鉄 #ホームドア


「大阪メトロ」御堂筋線中津駅に可動式ホーム柵、2月下旬運用開始

関連記事

東海道新幹線0系・N700SをNゲージサイズに、ファミマで発売 – 京商

185系の写真を約120点、JR東京駅構内で8日から「メモリアル185系おもいで館写真展」開催

列車内でハンバーガー頬張った女性を告発、韓国

熊本電気鉄道、『オフィスおかん』の活用で従業員の健康意識向上 人手不足のバス・鉄道業界における人材定着率向上を目指す

リニア・鉄道館10周年イベント、開館当時の写真展示やプレゼントも

JR東日本、駅の役割変革へ3駅をモデル駅に – 駅ナカカレッジ開校も