大阪市高速電気軌道(Osaka Metro)は14日、御堂筋線中津駅に可動式ホーム柵を設置すると発表した。2021年1~2月に設置工事を実施し、2月下旬の運用開始を予定している。

御堂筋線天王寺駅に設置された可動式ホーム柵

同社は2025年度までに全133駅で可動式ホーム柵の設置完了をめざしており、2021年度までに御堂筋線の全駅と四つ橋線大国町駅に設置予定としている。

現在、御堂筋線の江坂駅、心斎橋駅、天王寺駅、なかもず駅で可動式ホーム柵を設置済み。12月下旬に新大阪駅、来年1月下旬に西中島南方駅でも可動式ホーム柵の運用を開始する予定で、中津駅も1~2月の工事期間を経て、2月下旬に運用開始する予定となった。今後の設置する駅と設置時期については決まり次第、サイト等で公表される。

#駅 #OsakaMetro #地下鉄 #ホームドア


「大阪メトロ」御堂筋線中津駅に可動式ホーム柵、2月下旬運用開始

関連記事

旭化成のクラウド型生鮮品物流ソリューション「Fresh Logi(TM)」とJR東日本水戸支社鉄道網を活用した新たな生鮮品物流システムの開始

マホロバ・マインズ三浦、”おもちゃの鉄道で遊べる”家族向けコンセプトルームの販売開始

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両、京都の伝統産業素材・技法を活用

名古屋市交通局「市営交通100年祭」PR動画を公開 – 懐かしい写真も

JR東日本E4系「Max」親子限定の新幹線車両基地ツアー – 8/19開催

「JR富山駅ビル」白色を基調にデザイン、立山連峰の雪景色イメージ