大阪市高速電気軌道(Osaka Metro)は14日、御堂筋線中津駅に可動式ホーム柵を設置すると発表した。2021年1~2月に設置工事を実施し、2月下旬の運用開始を予定している。

御堂筋線天王寺駅に設置された可動式ホーム柵

同社は2025年度までに全133駅で可動式ホーム柵の設置完了をめざしており、2021年度までに御堂筋線の全駅と四つ橋線大国町駅に設置予定としている。

現在、御堂筋線の江坂駅、心斎橋駅、天王寺駅、なかもず駅で可動式ホーム柵を設置済み。12月下旬に新大阪駅、来年1月下旬に西中島南方駅でも可動式ホーム柵の運用を開始する予定で、中津駅も1~2月の工事期間を経て、2月下旬に運用開始する予定となった。今後の設置する駅と設置時期については決まり次第、サイト等で公表される。

#駅 #OsakaMetro #地下鉄 #ホームドア


「大阪メトロ」御堂筋線中津駅に可動式ホーム柵、2月下旬運用開始

関連記事

JR、GW期間の利用状況は – 東海道新幹線は前年比526%、前々年比27%

JR東日本、首都圏における列車削減を解除 – 5/7は通常の平日ダイヤ

海外の鉄道関係者を対象としたオンライン講座「Tokyo Metro Academy」の開講に向け、「無料オンライン講座」を開催します。

2021年度の鉄道事業設備投資計画【東武鉄道株式会社】

太川陽介、パワハラ指摘された『バス旅』の態度を猛省 「自分がイヤになった」

JR新山口駅、現住所は元号を用いた「山口市小郡令和一丁目2番1号」