京福電気鉄道株式会社(本社:京都市中京区、社長:大塚憲郎)は、例年1月1日の初日の出に合わせ、叡山ケーブル・ロープウェイの早朝運行「初日の出運行」を行っておりますが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大が続く中、初日の出に合わせてご乗車のお客様が集中することで感染拡大のリスクが高まると想定されること、主要交通機関が大晦日の終夜運行を中止することから、2021年の「初日の出運行」を中止することといたしましたので、お知らせします。
弊社ホームページにおきまして一時、冬期ダイヤのお知らせとともに「初日の出運行」のご案内を掲出しておりましたが、お詫びの上、中止と訂正させていただきます。
なお叡山ケーブル・ロープウェイは、2021年1月3日(日)まで冬期ダイヤで運行、1月4日(月)から3月19日(金)までは施設メンテナンスのため冬期運休を予定しています。
以 上

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

#初日の出 #中止 #感染 #拡大


叡山ケーブル・ロープウェイ「初日の出運行」中止のお知らせ

関連記事

鉄道用製品の不正検査問題、三菱電機が再発防止策で10月1日に記者会見へ

中国初の自動運転跨座式モノレールが登場—安徽省蕪湖市

一般の部大賞は「サフィール踊り子」を捉えた1枚 第14回タムロン鉄道風景コンテスト審査結果発表

地味なイメージの一新目指す「JR相模線」、その100年の歴史とは

【現場から、】SL食堂でコロナ禍を乗り切れ

鉄道イベント「高額化」に驚き コロナ禍も影響?1泊10万円の体験ツアーも登場