JR西日本が魚の養殖をしていると聞いて驚く人もいるのではないだろうか。一見、鉄道とは無関係にも見える養殖事業だが、そこには鉄道会社ゆえの狙いと勝算がある。(鉄道ジャーナリスト 枝久保達也)

新たな名産品で

鉄道需要を創出

JR西日本が魚の養殖をしていると聞いたことはあるだろうか。

そのとっぴとも思える取り組みは、偶然見かけた新聞記事から始まったという。

JR西日本創造本部ビジネスプロデュースグループの石川裕章さんは2013年7月、鳥取県で地下海水を使ったサバの陸上養殖の技術が確立しつつあることを知って驚いた。

サバといえば煮物や揚げ物、あるいは酢や塩で締めた状態で食されることが多く、生食する機会はほとんどない。これはサバの多くが寄生虫の一種であるアニサキスに寄生されており、これを生または生に近い状態で食べると、アニサキスが人の胃や腸壁に侵入して胃腸炎を起こすからだ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

#JR西日本 #サバ #JR西日本 #ジャーナリスト


JR西日本が「サバの養殖」に注力する理由とは

関連記事

渋谷駅ホーム移設や秋田新幹線の雪落とし装置 土木学会が学会賞表彰 鉄道関係で10件受賞【コラム】

ホームドアない駅は「欄干ない橋」と同じ…視覚障害者に死の恐怖「整備急いで」

北陸新幹線敦賀延伸後、在来線特急の福井方面直通を断念した事情

大坂の「八百八橋」を支えた金融と政治の街 – 淀屋橋駅など(前編)

「阪急レールウェイフェスティバル 2021 ONLINE」8/31まで動画配信

伊豆箱根鉄道、富士山三島東急ホテル開業1周年でコラボ記念乗車券