JR東海は、関西本線蟹江駅の橋上駅舎と自由通路を2021年1月31日の始発列車から供用開始すると発表した。蟹江町が進める蟹江駅の自由通路新設・橋上駅舎化事業に協力して工事を進め、このほど供用開始の時期が決まったという。

蟹江駅自由通路北口完成イメージ
蟹江駅改札付近完成イメージ

橋上駅舎のおもな設備として、車いす対応エレベーター2基(上下ホーム各1基)と多機能トイレ(改札内)を設置。自由通路は延長約83m・幅員4mとされ、車いす対応エレベーター2基(北口・南口各1基)を設置する。自由通路と橋上駅舎の供用開始に合せ、蟹江駅の北口臨時改札は廃止される。

#駅 #JR東海


JR東海、関西本線蟹江駅の橋上駅舎・自由通路を1/31から供用開始

関連記事

コロナで打撃 みなとみらい線を運行する横浜高速鉄道の2020年度利用客は前期比35.4%減

【コンテナそのまま!】鉄道コンテナデザインのエコバッグがヴィレヴァン通販でご予約開始!

世界的な人気を誇る、鉄道がテーマのボードゲーム『チケット・トゥ・ライド:ヨーロッパ』に15周年記念版が登場!【日本語版好評発売中】

北京と上海結ぶ京滬高速鉄道が開業10周年、延べ13億5000万人を輸送—中国

世界初 鉄道用「同期リラクタンスモーターシステム」実証試験に成功

皆様の『手』で、非冷房車内を涼しく! 弘南鉄道応援うちわ 協賛募集開始