JR北海道は2021年春のダイヤ改正にて、特急列車の減便・減車をはじめ、利用の少ない列車を閑散期に曜日運休とするなど、輸送力の調整を行う。

2021年春のダイヤ改正で、特急「大雪」(旭川~網走間)は定期列車4本をすべて臨時列車化

減便の対象となる特急列車は、函館~札幌間の特急「北斗」、札幌~旭川間の特急「カムイ」、旭川~網走間の特急「大雪」、旭川~稚内間の特急「サロベツ」。おもに定期列車を臨時列車に置き換え、閑散期の曜日運休などによる減便を予定している。

特急「北斗」は定期列車24本のうち、下り・上りの最終列車「北斗23・24号」を運転取りやめとする。これにともない、函館行の最終列車となる「北斗22号」は札幌駅の発車時刻を36分繰り下げる。「北斗22号」の後続となる「すずらん10号」も、札幌駅の発車時刻を28分繰り下げる。昼間の時間帯に運転される下り「北斗5号」、上り「北斗14号」は臨時列車に変更。閑散期の4・10・11月は水・木曜日を運休とする。

全体的な利用減少を踏まえ、「北斗」の編成見直しも行う。指定席を2両減らし、通常時は5両編成(グリーン車1両、普通車指定席2両、普通車自由席2両)での運転とし、状況に応じて増結する。

特急「カムイ」は定期列車48本のうち、前後の列車で代替可能な「カムイ9・28・29・42号」を臨時列車化。土休日とお盆・年末年始など利用の多い時期のみの運転とする。

特急「大雪」は定期列車4本すべて臨時列車化し、閑散期となる4・5・10・11月の火・水・木曜を運休に。特急「サロベツ」は定期列車4本のうち2本を臨時列車化し、同じく4・5・10・11月の火・水・木曜を運休とする。

快速「エアポート」は新千歳空港駅発着の上下各3本が土休日運休に

その他、札幌~釧路間の特急「おおぞら」は利用減少を踏まえ、指定席を1両減らし、通常時は5両編成(グリーン車1両、普通車指定席2両、普通車自由席2両)で運転。新千歳空港駅発着の快速「エアポート」は朝・夜に運転される計6本(上下各3本)を土休日運休とする。

#特急列車 #JR北海道 #ダイヤ改正 #気動車 #電車


JR北海道の2021年春ダイヤ改正、特急「大雪」など閑散期に曜日運休

関連記事

方向幕「西武遊園地前」は見納め!? メットライフドームの101系クハ1262が更新、外観に変化

「Gakken ニューブロック」に新幹線E5系「はやぶさバッグ」新登場

「富士山登山鉄道構想」は実現する? ヨーロッパの事例から可能性を探る

「鬼滅の刃」の全面広告電車、バンコクの高架鉄道に

京都鉄道博物館「プラレール鉄道」本格始動に合わせたイベント開催

JR西日本「DLやまぐち号」復路のみ季節限定のヘッドマークを掲出へ