JR東日本は10日、品川開発プロジェクトの計画エリア内で出土した「高輪築堤」の一部とみられる構造物に関して、港区教育委員会の協力の下、現地見学会とウェブでの映像公開を2021年1月10~12日に実施すると発表した。

高輪ゲートウェイ駅

「高輪築堤」の現地見学会は1月10~12日の3日間、中学生以上を対象に、1日5回(10~11時、11時15分から12時15分まで、12時30分から13時30分まで、13時45分から14時45分まで、15~16時)の実施を予定している。

見学時はマスクを着用し、階段・段差に加え、通路の狭い箇所や舗装されていない場所を歩くことから、動きやすい服装・靴での参加が求められている。工事現場内のため、ヘルメットを着用して見学する。歩きながらの撮影、三脚・脚立・自撮り棒などを使用しての撮影は許可されない。

郵便はがきによる事前応募制となっており、定員を超える応募があった場合は抽選となる。参加希望者は郵便はがきに必要事項を記載し、「『高輪築堤』現地見学会」事務局宛に12月23日(当日消印有効)まで応募する必要がある。応募は1人1枚まで。応募者の他に1名の同伴が可能となる。

ウェブでの映像公開は、1月10日10時から1月12日18時まで、YouTube「JR東日本公式チャンネル」にて行われる予定となっている。

#JR東日本 #駅


JR東日本「高輪築堤」1月に現地見学会を実施 – ウェブで映像公開も

関連記事

緊急事態宣言発令でも人の流れ活発化 航空、鉄道予約増

近鉄「ありがとう 12200系特急 ラストラン乗車ツアー」延期が決定

『ナニコレ珍百景』に“鉄オタ”が猛ツッコミ!「解説間違ってないか?」

「鉄道車両用ワイヤーハーネスの世界市場:用途別、ケーブルタイプ別2026年予測」市場調査レポート発行

新幹線との差を認めて自主開発を断念、「これが中国高速鉄道の成功の秘訣だった=中国

炭鉱電車、最後の雄姿…警笛鳴らしながらラストラン