三重県松阪市日野町の駅弁製造販売業「新竹商店」が、看板商品の「元祖特撰(とくせん)牛肉弁当」に貼る鉄道掛け紙シリーズの新作を製作し、10日から販売を始める。同シリーズの弁当は、県外からも買い求めに来るほど鉄道ファンに人気。新型コロナウイルスの感染拡大を受け新作を控えていたが、1年ぶりに発売する。

新竹商店は1895年創業。同弁当は、1959年7月の紀勢線全線開通を記念して販売を始めた。黒毛和牛の網焼きに秘伝のたれを絡めた肉が人気で、全国屈指のロングセラー駅弁になっている。

鉄道掛け紙シリーズは10年ほど前から販売し、最近は年3回ペースで新作を発表してきた。「紀勢貨物と桜」と題した27作目となる今回は、県内の鉄道ファンが熊野市の二木島駅付近で2002年に撮影した写真を使用。貨車を引いたディーゼル機関車「DD51」の重連がトンネルを出た瞬間を満開の桜とともに写している。

同社の新竹浩子社長は「コロナ禍で駅弁の売り上げは大幅に減った。暗いトンネルから出て世の中を明るくするような写真を選んだ。さらに駅弁ファンを増やしたい」と話す。

価格は1500円で、松阪駅構内の「あら竹売店」と同駅前商店街の「駅弁のあら竹本店」、大紀町滝原の「ドライブインあら竹」で販売する。問い合わせは、新竹商店(0598・21・4350)。【田中功一】

#新作 #駅弁 #弁当 #松阪市


DD51、満開の桜を疾走 三重・松阪の駅弁店、鉄道掛け紙シリーズ新作販売

関連記事

東武トップツアーズ、東武特急りょうもう号で行く上毛電気鉄道700形電車運転・車掌体験ツアーを販売

AIによる画像認識で、コロナ禍におけるのと鉄道利用実態の把握を目指す。国際高専の学生プロジェクトが穴水駅にカメラを設置。8月5日(木)15時30分より穴水駅の上り、下りのホームの計6か所

旭化成のクラウド型生鮮品物流ソリューション「Fresh Logi(TM)」とJR東日本水戸支社鉄道網を活用した新たな生鮮品物流システムの開始

マホロバ・マインズ三浦、”おもちゃの鉄道で遊べる”家族向けコンセプトルームの販売開始

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両、京都の伝統産業素材・技法を活用

名古屋市交通局「市営交通100年祭」PR動画を公開 – 懐かしい写真も