JR東日本の深沢祐二社長は9日、読売新聞のインタビューに応じ、鉄道事業以外のビジネス強化を急ぐ方針を明らかにした。設備保守費用の削減なども進め、赤字転落の見通しとなっている利益の黒字化を目指す。

JR東は主要駅などの周辺でシェアオフィス事業を手がけており、利用可能な拠点を現在の約50か所から、2023年度頃に約1000か所に拡大する。これまでは25年度の実現を目指していた。

また、新幹線での農作物輸送やインターネット通販も強化する考えだ。

JR東は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、21年3月期連結決算は、本業の利益を示す営業利益、最終利益とも民営化後初の赤字に転落する見込みだ。中でも運輸事業は5290億円の営業赤字を見込む。

深沢社長は「来年度は乗客がコロナ前の8割強に戻る」との見通しを示したうえで、運輸事業を「確実に黒字化する」と述べた。詳細な計画は来年1月に発表する。

インタビューではこのほか、人工知能(AI)を活用するなどして設備保守費用を削減するほか、新卒採用の抑制やグループ内出向などにより、雇用は維持しながら人件費を減らしていく考えも示した。

#JR #ビジネス #ネット通販 #JR東日本


JR東、鉄道事業以外のビジネス強化…シェアオフィスやネット通販も

関連記事

【youtube プレゼント企画】水島臨海鉄道倉敷市駅のバラストが出てくるガチャガチャを引いてみた

JR九州、西九州新幹線の車両デザイン決定 – 毛筆の「かもめ」書体

BS日テレの大人気番組「友近・礼二の妄想トレイン」を巻頭大特集!『脳内&リアルに楽しむ!達人が教える鉄道旅』2021年7月29日(木)発売!

50年前の廃線車両、「避密」の宿に…1両1室貸し切りで人気

JR西日本、電気式気動車DEC700形の技術的検証を8月中旬から実施へ

須田亜香里、股の間に“異物侵入”で村井美樹が「イケる?」質問シーンが激艶!