京浜急行電鉄は9日、年末年始に初詣など出かける利用者の利便性向上を図るため、年末年始期間中は特別ダイヤで運行すると発表した。大みそかから元旦にかけて、京急本線泉岳寺~横浜間と大師線で終夜運転を実施する。

京急本線泉岳寺~横浜間と大師線にて、大みそかに終夜運転を実施する

年末年始ダイヤとして、12月30日から1月3日まで土休日ダイヤで運転。新型コロナウイルス感染症予防のため、午前中の一部列車を12両編成で運転するとともに、期間中は「ウィング・シート」を休止する。

12月31日深夜から1月1日早朝にかけて、京急本線泉岳寺~横浜間で普通のみ30分間隔、大師線の京急川崎~川崎大師・小島新田間で10~16分間隔の終夜運転を実施する。終列車の繰下げや始発列車の繰上げは実施しないとのこと。

元日の早朝には、品川駅始発、三崎口行の特急を増発(品川駅5時0分発・三崎口駅6時17分着。ヘッドマークの掲出はなし)。川崎大師へアクセスできる大師線は、1月1~11日と1月16・17日に臨時ダイヤとして列車を増発し、日中6分間隔で運転する。

#京急電鉄 #電車


京急電鉄、泉岳寺~横浜間と大師線にて大晦日に終夜運転を実施へ

関連記事

鉄道の施設管理や撮影ツアーも ドローンの総合展・ジャパンドローン2021に1万2500人来場

高島礼子に秩父鉄道が忖度!?鉄道沿線ひたすら歩き旅で飛び出した衝撃シーン

JR鶴見線205系で行く夜の港湾・工場夜景の旅、再び – 7月に実施へ

「えちごトキめきリゾート雪月花」と「一万三千尺物語」相互乗入れ

名鉄1200系「パノラマsuper」車両、再び中部国際空港駅発着で運転

快適な鉄道の環境づくりのための取り組みについて