京浜急行電鉄は9日、年末年始に初詣など出かける利用者の利便性向上を図るため、年末年始期間中は特別ダイヤで運行すると発表した。大みそかから元旦にかけて、京急本線泉岳寺~横浜間と大師線で終夜運転を実施する。

京急本線泉岳寺~横浜間と大師線にて、大みそかに終夜運転を実施する

年末年始ダイヤとして、12月30日から1月3日まで土休日ダイヤで運転。新型コロナウイルス感染症予防のため、午前中の一部列車を12両編成で運転するとともに、期間中は「ウィング・シート」を休止する。

12月31日深夜から1月1日早朝にかけて、京急本線泉岳寺~横浜間で普通のみ30分間隔、大師線の京急川崎~川崎大師・小島新田間で10~16分間隔の終夜運転を実施する。終列車の繰下げや始発列車の繰上げは実施しないとのこと。

元日の早朝には、品川駅始発、三崎口行の特急を増発(品川駅5時0分発・三崎口駅6時17分着。ヘッドマークの掲出はなし)。川崎大師へアクセスできる大師線は、1月1~11日と1月16・17日に臨時ダイヤとして列車を増発し、日中6分間隔で運転する。

#京急電鉄 #電車


京急電鉄、泉岳寺~横浜間と大師線にて大晦日に終夜運転を実施へ

関連記事

JR特急が停車しない、那覇以外の唯一の県庁所在地はどこか?

夜行快速「いでゆ」で目指すは「朝風呂」……秩父鉄道6000系で行くノスタルジック・ツアー発売へ

「撮り鉄」山添拓・参院議員、線路立ち入りで書類送検…「道と勘違い」

JR四国「予土線 Fun Fun 祭り」6つのラッピング列車が予土線に集結

JR九州「SL人吉」車内で伝統工芸品「きじ馬」の絵付け体験スタート

JR北海道、札幌駅周辺で北海道新幹線高架橋工事 – 2022年に着手へ