世界文化ホールディングス(東京都千代田区)は、LaQ公式ガイドブック最新刊「LaQ 鉄道大百科」を2020年12月3日に発売した。

アイデア次第で多彩な造形

「LaQ(ラキュー)」は、平面パーツとジョイントパーツを組み合わせて平面・立体・球が作成できる、子どもだけでなく大人も夢中になるという知育ブロック。より自由な遊びを楽しむためのガイドブックも数多く出版されている。

JRその他各社の現役鉄道車両や旧車両、鉄道ジオラマ、駅などの施設や景観など、鉄道にまつわるものに特化。比較的簡単に作れるという1ピース幅の車両から、500ピースを超える超大作まで、難易度に合わせて作り方を解説している。0系新幹線、N700S、北斗星、ドクターイエロー、ゆふいんの森、カシオペア、黒部峡谷鉄道トロッコ電車など、多くの鉄道ファンに支持されている車両を中心に掲載。

「LaQ」は主にシンプルなパーツが揃っているため、アイデア次第で多彩な造形が可能だ。車両だけではなく景観や踏切、動くジオラマの作成方法など、自由度の高い「LaQ」だからこそ可能なテクニックが満載だという。想像力や発想力を育てるほか、設計図や鉄道に関するワンポイントコラムも付いている。子どもへのプレゼントにもおすすめだ。

価格は950円(税別)。

#ガイドブック #車両 #ジオラマ #景観


LaQ公式ガイドブック最新刊「LaQ 鉄道大百科」 鉄道車両、鉄道ジオラマ、駅や景観の作り方を紹介

関連記事

東武トップツアーズ、東武特急りょうもう号で行く上毛電気鉄道700形電車運転・車掌体験ツアーを販売

AIによる画像認識で、コロナ禍におけるのと鉄道利用実態の把握を目指す。国際高専の学生プロジェクトが穴水駅にカメラを設置。8月5日(木)15時30分より穴水駅の上り、下りのホームの計6か所

旭化成のクラウド型生鮮品物流ソリューション「Fresh Logi(TM)」とJR東日本水戸支社鉄道網を活用した新たな生鮮品物流システムの開始

マホロバ・マインズ三浦、”おもちゃの鉄道で遊べる”家族向けコンセプトルームの販売開始

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両、京都の伝統産業素材・技法を活用

名古屋市交通局「市営交通100年祭」PR動画を公開 – 懐かしい写真も