京阪電気鉄道と京阪バスは、大津線を除く京阪線全線と「ステーションループバス」が1日乗り放題になる乗車券と、京都鉄道博物館の入館券がセットになった「京都鉄道博物館おでかけ乗車券」を12月21日から販売開始する。

京都鉄道博物館の館内
「ステーションループバス」の運行ルート

「京都鉄道博物館おでかけ乗車券」では、京阪線全線と石清水八幡宮参道ケーブルに加え、京都駅・七条駅・梅小路エリアを結ぶ「ステーションループバス」も有効区間に。京阪線沿線から梅小路エリアへの移動が便利になり、京都鉄道博物館もお得に利用できる。

発売額は大人2,300円、小児1,100円。発売期間は2022年3月31日まで。京都鉄道博物館の休館日を除く任意の1日利用できる。京阪電車の中之島駅、淀屋橋駅、天満橋駅、京橋駅、守口市駅、寝屋川市駅、香里園駅、枚方市駅、樟葉駅、中書島駅、丹波橋駅、祇園四条駅、三条駅、出町柳駅にて販売される。

#鉄道博物館 #京阪電気鉄道 #電車 #バス #BRT #お得なきっぷ


京阪電車&バスでお得「京都鉄道博物館おでかけ乗車券」12/21発売

関連記事

船や物資を運んだ急斜面の線路跡、貨車やレールの下にいま地下鉄が走る

東京メトロ、海外の鉄道関係者向け無料オンライン講座を6月に開催

ついひじ杏奈、京王電鉄の新「プラットガール」に – 5/16から展開

【youtube】新 鉄道ひとり旅〜上信電鉄編ショート版〜

京王電鉄オリジナル「イケメン付箋」駅係員版&技術員版、5/10発売

「バス旅」太川陽介も首をかしげる?鬼軍曹・村井美樹が”腑抜け状態”だったワケ