京都鉄道博物館は7日、JR西日本の営業路線と繋がった引込線を活用した現役車両の展示として、JR西日本が保有する電気検測用の事業用車「443系」を12月19~22日に特別展示すると発表した。

電気検測用の事業用車443系(提供元 : 京都鉄道博物館)

443系は2両編成で、電車に電気を供給する架線の状態を走行中に検測し、異常箇所の発見やメンテナンス計画のためのデータを収集する車両だという。旧国鉄時代に2編成製造されたが、現役で活躍を続けている車両は今回展示される1編成のみとなっている。

12月19~22日の4日間、本館1階「車両のしくみ / 車両工場」エリアで展示予定。営業線を運転して搬入するため、輸送上の都合により展示を中止する場合がある。

#鉄道イベント #鉄道博物館 #国鉄 #JR西日本 #電車


京都鉄道博物館、電気検測用の事業用車「443系」12/19から特別展示

関連記事

東武トップツアーズ、東武特急りょうもう号で行く上毛電気鉄道700形電車運転・車掌体験ツアーを販売

AIによる画像認識で、コロナ禍におけるのと鉄道利用実態の把握を目指す。国際高専の学生プロジェクトが穴水駅にカメラを設置。8月5日(木)15時30分より穴水駅の上り、下りのホームの計6か所

旭化成のクラウド型生鮮品物流ソリューション「Fresh Logi(TM)」とJR東日本水戸支社鉄道網を活用した新たな生鮮品物流システムの開始

マホロバ・マインズ三浦、”おもちゃの鉄道で遊べる”家族向けコンセプトルームの販売開始

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両、京都の伝統産業素材・技法を活用

名古屋市交通局「市営交通100年祭」PR動画を公開 – 懐かしい写真も