貨物運用が減少し、電気機関車の出番が少なくなってきた秩父鉄道。

秩父鉄道の電気機関車デキ100形108号機も、12月に引退が迫り、同社は12月12日から「ありがとう!電気機関車108号機引退記念乗車券」(影森からふかや花園まで大人片道800円1枚)を800円で発売する。

1951年に日立製作所で製造されたデキ100形108号機は、岩手県松尾村(八幡平市)の東八幡平駅と、岩手県西根町の花輪線 大更駅を結ぶ松尾鉱業鉄道で、ED50形2号機 として活躍していた電気機関車。

1972年に松尾鉱業鉄道が廃止され、ここ秩父鉄道に譲渡。セメント・石炭輸送などで活躍していた。

記念乗車券のC型硬券内 電気機関車108号機 イラストは、秩父鉄道の運転士が描いたオリジナルイラスト。

記念乗車券は数量限定。12月12日〜2021年3月31日の間、羽生、熊谷、武川、寄居、長瀞、秩父、御花畑の各駅窓口、ちちてつ e-shop などで販売。

画像↓↓↓は同じデキ100形電気機関車の104号機。108号機より先に引退しているくるま。

秩父鉄道はことし12月31日、JR高崎線 熊谷貨物ターミナル駅と三ヶ尻駅を結ぶ三ヶ尻線を廃止する。

三ヶ尻線 熊谷貨物ターミナル〜三ヶ尻は1979年、セメント関連品(石炭類)を輸送するルートとして開業。40年間、秩父鉄道とJR線を介した輸送を続け、2019年度で石炭輸送を終了、そのほかの貨物輸送も2020年9月で終えていた。

#引退 #発売 #岩手県 #減少


秩父鉄道 電気機関車 デキ100形108号機が約70年走り続けて12月引退、記念乗車券発売

関連記事

旭化成のクラウド型生鮮品物流ソリューション「Fresh Logi(TM)」とJR東日本水戸支社鉄道網を活用した新たな生鮮品物流システムの開始

マホロバ・マインズ三浦、”おもちゃの鉄道で遊べる”家族向けコンセプトルームの販売開始

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両、京都の伝統産業素材・技法を活用

名古屋市交通局「市営交通100年祭」PR動画を公開 – 懐かしい写真も

JR東日本E4系「Max」親子限定の新幹線車両基地ツアー – 8/19開催

「JR富山駅ビル」白色を基調にデザイン、立山連峰の雪景色イメージ