東急は12月2日、池上線池上駅直結の商業施設「エトモ池上」のティザーサイトを公開した。「エトモ池上」は2021年3月下旬の開業を予定している。

「エトモ池上」ティザーサイトイメージ

「まちの居間 ~歴史・人・まちを繋ぐ場所~」をデザインコンセプトとして計画された「エトモ池上」は、2階改札外自由通路「池上仲見世」にて左右の店舗区画から通路に向けてひさしを設置するなど、木のあたたかみと和のモチーフを随所に散りばめ、門前町の雰囲気の中で過ごせる居心地の良い空間をめざすという。

「池上仲見世」の両側には、東急百貨店のデパ地下のエッセンスを凝縮した「東急フードショースライス」が出店。駅から街への通り道に、惣菜やスイーツなど全11店舗の食物販ゾーンを展開する。3階には「東急ストア」と「カルディコーヒーファーム」が出店。「カルディコーヒーファーム」には、国内7店舗目となる「カフェカルディーノ」も併設され、コーヒーやワイン、サンドウィッチなどを提供する。

4階の大田区立池上図書館の隣には「スターバックス」が出店。図書館の本とスターバックスのドリンクを相互に持ち込めるようになる。その他、保育園・学童保育施設を含め、地域の一次診療所となる池上総合病院のサテライトクリニック、ジム・ヨガスタジオなど、地域住民の生活を支えるサービス機能も充実させる。

池上駅の外観

「エトモ池上」のティザーサイトでは、今後、歴史ある場所から新店舗まで多様な街の魅力を紹介する記事や、池上エリアで過ごす1日をイメージした紹介動画、施設・店舗・イベント情報などを順次公開する予定としている。


東急池上線池上駅直結「エトモ池上」3月開業へティザーサイト公開

関連記事

近鉄12200系、臨時特急列車に! 4月の4日間、大阪・名古屋から1往復

鉄道事業者、どう稼ぐ? 経営支える駅ビルなどの関連事業 ポップアップ店舗をはじめ新しい取り組みも

超優等出世列車「寝台特急ゆうづる」に関する考察も——鉄道ファンの行司が書いた『大相撲と鉄道』には「相撲列車」の知られざる話がいっぱい

ロッド・スチュワート、コンテナ7つで鉄道模型を米→英輸送

ツーリズムとよた×名古屋鉄道 タイアップ企画 『EMOTION!豊田篇』のキャンペーンが本格的に開始

参拝者などでにぎわい、地下化の計画も – 川崎大師駅(京急大師線)