JR東日本高崎支社は、今月末まで展開する「鬼滅の刃×SLぐんま ~無限列車大作戦~」の新たな取組みとして、12月1日から高崎駅などに記念スタンプを設置したほか、「SLぐんま よこかわ」のヘッドマークも新しい図柄に変更した。

「SLぐんま よこかわ」12月のヘッドマークデザイン

記念スタンプは、『鬼滅の刃』の主要キャラクターを描いたデザインで、高崎駅のほか、横川駅と「碓氷峠鉄道文化むら」に12月28日まで設置する。

「SLぐんま よこかわ」の12月のヘッドマークは、蒸気機関車(SL)・電気機関車(EL)ともに制帽・制服姿の煉獄杏寿郎をメインにデザイン。電気機関車において、これまでヘッドマークに描かれた竈門炭治郎をはじめとする4人のキャラクターも一緒に描かれている。

「碓氷峠鉄道文化むら」では、10月に掲出したヘッドマークを展示しており、今月中旬からは11月に掲出したヘッドマークもあわせて展示する。展示期間はどちらも12月28日までとなっている。

#観光列車 #子鉄 #客車 #JR東日本 #蒸気機関車


JR東日本「SLぐんま」制服姿の煉獄杏寿郎が12月のヘッドマークに

関連記事

東海道新幹線0系・N700SをNゲージサイズに、ファミマで発売 – 京商

185系の写真を約120点、JR東京駅構内で8日から「メモリアル185系おもいで館写真展」開催

列車内でハンバーガー頬張った女性を告発、韓国

熊本電気鉄道、『オフィスおかん』の活用で従業員の健康意識向上 人手不足のバス・鉄道業界における人材定着率向上を目指す

リニア・鉄道館10周年イベント、開館当時の写真展示やプレゼントも

JR東日本、駅の役割変革へ3駅をモデル駅に – 駅ナカカレッジ開校も