女優の #門脇麦 が2日、東武鉄道のSL「C11形325号機」の運行開始に先立ち、埼玉・南栗橋車両管区SL検修庫にて行われた『蒸気機関車火入れ式』にゲストとして参加した。

『火入れ式』は厳かな雰囲気のなか進行された。祝詞の読み上げや拝礼が執り行われた後、同鉄道・根津嘉澄社長が点火棒にてSLの心臓部であるボイラーに点火。その後、根津社長から2017年8月10日に運行を開始した「SL大樹」について「沿線地域にはさまざまな形で温かい協力をいただき、おかげ様で『SL大樹』は日光・鬼怒川エリアの重要な観光資源に成長しました」とコメントした。

12月26日からの「C11形325号機」運行開始により、既存の「C11形207号機」と合わせて東武鉄道のSLが2機体制になることを受け、「年間を通して『SL大樹』を運行し、皆さまにお楽しみいただけるようになります」と語った。さらに3機目のSLとなる「C11形123号機」について「復元作業を 2021年冬の完了を目指して進め、3重連運転や、東北復興支援として福島県会津方面への営業運転など、さまざまな施策を検討していきたい」と述べた。

その後、日光・鬼怒川エリアをさらに活性化させる「SL大樹」のプロモーション『It’s SLOW time‐SLOWにいこう。SLでいこう。日光・鬼怒川の旅』のイメージタレントを務める門脇が登場。『火入れ式』について、「こういった式に参加した経験は初めてでした。私の席からは中の様子があまり分からなかったので、是非次回は近くで見てみたいです」と笑顔を見せた。今年も残すところあと1ヶ月になったことに触れられると、「仕事が忙しいと心に余裕を持つことが難しい時がありますが、今年は自粛の影響もあり仕事のペースが落ち着いていたので、余裕を持っていろんな人と接することができた良い年でした」としみじみ回顧。また「今年は仕事を始めてから初めて、家族とゆっくりした時間を過ごせました」とコメントした。

12月1日に発表された流行語大賞にちなみ、門脇の今年のマイ流行語大賞を問われると「おうちごはん」という言葉を選んだ。理由について「元々料理をすることが好きで、今年の自粛期間中はたくさん作りました! 家族と料理をしたり、時間と余裕があったので魚を1匹さばくことにも挑戦しました」とエピソードを披露。年末年始の過ごし方について、「今年はゆっくりできそうです。毎年お正月は、家族と映画を見たりおせちを食べているので、今回もその予定です」と明かした。

最後に「第1号機の『C11形207号機』の運行日は私の誕生日と同じ8月10日だったので、『SL大樹』とは何かご縁があるように思っていました。今日も火入れ式に参加できてとても光栄でした」と語った。

#門脇麦 #流行語 #挑戦 #東武鉄道


門脇麦、今年のマイ流行語は“おうちごはん”「魚1匹さばくことにも挑戦」

関連記事

東武トップツアーズ、東武特急りょうもう号で行く上毛電気鉄道700形電車運転・車掌体験ツアーを販売

AIによる画像認識で、コロナ禍におけるのと鉄道利用実態の把握を目指す。国際高専の学生プロジェクトが穴水駅にカメラを設置。8月5日(木)15時30分より穴水駅の上り、下りのホームの計6か所

旭化成のクラウド型生鮮品物流ソリューション「Fresh Logi(TM)」とJR東日本水戸支社鉄道網を活用した新たな生鮮品物流システムの開始

マホロバ・マインズ三浦、”おもちゃの鉄道で遊べる”家族向けコンセプトルームの販売開始

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両、京都の伝統産業素材・技法を活用

名古屋市交通局「市営交通100年祭」PR動画を公開 – 懐かしい写真も