オーストリア大使館商務部は、オーストリア企業のリンジンガー(LINSINGER)が開発した、水素を動力源とするレールミリングトレイン(レール削正車)「MG11 Hydrogen(H2)」を11月17日に一般公開したと発表した。

「MG11 Hydrogen」

このレールミリングトレインは、ゼロエミッションモビリティに大きく貢献することを目的とし、企業内の研究開発部門が2年をかけて開発。「MG11 H2」への製品拡張は、リンジンガー80年の歴史における大きな節目になるという。

「MG11 H2」は水素燃料電池によって電力を供給し、アキュムレータを追加することにより、ピーク時の電力需要をカバーするだけでなく、推進駆動力に余裕を生み出すことができる。これは多くのネットワークオペレータにとって大きなメリットとなる。

リンジンガーのレール処理技術は無公害を達成しており、次のステップとして、環境に配慮した未来志向のエネルギー供給が挙げられていた。「MG11 H2」の燃料電池から生成され、放出されるものは水のみとされ、環境や機械の操作者だけでなく、鉄道沿線に住む人々への配慮にもなる。

リンジンガーは、オーバーエスターライヒ州シュタイラーミュールに本社を置き、500人の従業員を擁する。輸出割当量は98%を示すレールメンテナンスのパイオニアであり、レールミリングの発明者でもある。かつての家族経営からグローバルプレーヤーへと成長し、現在も拡大を続けている。


リンジンガーが開発、水素が動力源のレールミリングトレインを公開

関連記事

関東鉄道キハ2400形、ツートンカラーの復刻塗装に – 常総線で運用

「ロマンスカーミュージアムオリジナルうまい棒缶」数量限定で発売

JR西「どこでもきっぷ」は何が革新的だったのか 発売見合わせで鉄道ファンが泣いた理由

JR北海道とJR東日本、北海道・東北新幹線で鮮魚と駅弁の定期輸送

鉄道博物館の「東高西低」くっきり 関東は小田急も新設、関西大手はゼロ…その差はどこに?

『名探偵コナン』と鉄道の浅からぬ関係 国交省は速達性向上を真剣に検討