ゼロエミッションモビリティに対する大きな一歩

レールミリングトレイン MG11 Hydrogen: オーストリア企業リンジンガー(LINSINGER)による鉄道界からの環境イノベーション

[画像: https://prtimes.jp/i/64311/9/resize/d64311-9-270373-0.png”>

2020年11月17日、世界初の水素を動力源とするレールミリングトレインが一般公開されました。

このイノベーションは、ゼロエミッションモビリティに大きく貢献することを目的とし、企業内の研究開発部門が2年をかけて開発しました。 MG11 H2 への製品拡張はリンジンガー社80年の歴史におけるさらなるマイルストーンとなっています。

MG11 H2への電力供給は水素燃料電池です。アキュムレータを追加することにより、ピーク時の電力需要をカバーするだけでなく、推進駆動力に余裕を生み出します。これは多くのネットワークオペレータにとって大きなメリットとなります。

リンジンガーのレール処理技術は無公害を達成しているので、次のステップには環境に配慮した未来志向のエネルギー供給が挙げられました。MG11 H2 の燃料電池から生成され放出されるのは水のみです。環境や機械の操作者だけでなく、鉄道の隣に住む人々にとっても好ましいことです。

ギュンター・ホレイス(Günter Holleis)CEOは、現在のような危機の際に画期的なイノベーションを発表できることを嬉しく思っています。水素がモビリティセクターのエネルギー供給者となり、LINSINGERが気候転換の一部を担うという彼のビジョンは今や現実のものとなっています。

オーバーエスターライヒ州シュタイラーミュールに本社を置き、500人の従業員を擁するリンジンガーの輸出割当量は98%を示しています。レールメンテナンスのパイオニアであり、レールミリングの発明者でもあるリンジンガーは、かつての家族経営からグローバルプレーヤーへと成長し、現在も拡大を続けています。

Linsinger Maschinenbau
https://www.linsinger.com/

#オーストリア #世界初 #水素 #企業


オーストリア発 世界初の水素駆動のレールミリングトレイン

関連記事

近鉄「ひのとり」も登場する『ノッて♪行こうスペシャル』3/14放送

「プラレール」トーマスシリーズ新商品「超特急のケンジ」セットに

鹿島臨海鉄道、大洗~鹿島神宮間を減便 – 昼間は2時間に1本の運転

いすみ鉄道、土休日ダイヤの減便など実施 – 急行列車は1往復のみに

伊豆急行、185系「踊り子」最終運行で利用者・撮影者に「お願い」

レトロゲームとコラボ、JR北海道「流氷物語号」感動のフィナーレ