徳島・高知両県を結ぶ第三セクターの「阿佐海岸鉄道」(8.5キロ)で30日、鉄道車両が引退した。運営会社は最終列車の出発・到着に合わせセレモニーを実施。運休期間を経て、今年度中を目標に、道路と線路を同じ車両で走行できる「デュアル・モード・ビークル(DMV)」の世界初の営業運行を目指す。
DMVはマイクロバスを改造した乗り物で、ゴムタイヤに加え、レール上を走るための鉄車輪を装備。15秒ほどで鉄道とバスのモードを切り替えられる。観光地へのアクセス向上や燃料費の削減のほか、鉄道ファンの集客も見込めるという。
これまで運行していた2両の気動車は引退。1両は開業以来29年間走行している車両で、30日夜の最終列車として運行した。徳島県海陽町の海部駅で行われた出発セレモニーでは、参加者が配布されたオリジナルタオルを掲げて見送った。
家族で参加した西宮稔子さん(44)は「家が駅の近くで、列車の音が聞こえなくなるのは寂しい。早くDMVが線路の上を走ってくれたら」と話した。
〔写真説明〕阿佐海岸鉄道で導入予定のDMV(デュアル・モード・ビークル)の車両(阿佐海岸鉄道提供)

#車両 #引退 #世界初 #営業


DMV開業で鉄道車両引退=世界初の営業運行へ—徳島

関連記事

旭化成のクラウド型生鮮品物流ソリューション「Fresh Logi(TM)」とJR東日本水戸支社鉄道網を活用した新たな生鮮品物流システムの開始

マホロバ・マインズ三浦、”おもちゃの鉄道で遊べる”家族向けコンセプトルームの販売開始

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両、京都の伝統産業素材・技法を活用

名古屋市交通局「市営交通100年祭」PR動画を公開 – 懐かしい写真も

JR東日本E4系「Max」親子限定の新幹線車両基地ツアー – 8/19開催

「JR富山駅ビル」白色を基調にデザイン、立山連峰の雪景色イメージ