JR東日本千葉支社は、京葉線の沿線価値向上や魅力づくりを推進する「京葉ベイサイドラインプロジェクト」の一環で、2021年度に京葉線で「ウエディングトレイン」を運行すると発表した。

京葉線E233系「ウエディングトレイン」イメージ

千葉支社は今年度から、「わくわく ぞくぞく 京葉線」を「京葉ベイサイドラインプロジェクト」の新たなコンセプトワードに制定。沿線をさらに盛り上げるため、さまざまな施策を展開していく。

「ウエディングトレイン」もその一環で、葛西臨海公園でウエディングを実施する「Denim(デニム)」とのコラボレーション企画として運行される。E233系(4両編成または6両編成)に新郎新婦が考えたオリジナルヘッドマークを掲出し、2人の思い出や軌跡などを表現した中吊りポスターなどで車内を装飾。オリジナルの記念硬券にはさみを入れながらゲストと触れ合うセレモニーなど、「ウエディングトレイン」ならではの独自企画も用意している。

運行予定期間は2021年6月頃から2022年3月頃まで。12月7日から、「Denim」公式サイトにて希望するカップルの募集(期間は2021年2月28日まで)を開始する。

#JR東日本 #電車


JR東日本、京葉線E233系「ウエディングトレイン」2021年度に運行へ

関連記事

旧国鉄福知山機関区の歴史と鉄道員の奮闘ここに SL専門誌が特集

京阪3000系「プレミアムカー」連結、平日の快速特急「洛楽」に乗車

津田沼戦争の象徴、閉店決定したパルコの買い物客数減らした「鉄道の開業」

【youtube】ダイヤ改正で利用できる列車に変化?青春18きっぷで乗車できる観光列車にも注目!

世界の鉄道システム市場ーシステムタイプ別(補助動力、HVAC、推進力、車載制御、その他)、車両タイプ別(機関車、メトロ、モノレール、乗用車、その他)最後用途別(乗用車 、貨物列車)ー地域予測2027年

「バス旅」太川陽介の“新パートナー”候補に浮上したアノ“番組大ファン”