JR東日本千葉支社と小湊鐵道は、「コロナに負けるな!」を合言葉に両社社員が企画した、JR内房線・久留里線と小湊鐵道の魅力を巡るツアーを発売する。

小湊鐵道キハ200形に掲出するヘッドマーク

ツアー催行日は2021年の1月31日と2月7日。行程はどちらも同じで、JR千葉駅からキハE130形の団体臨時列車に乗り、木更津駅へ。普段は入ることのできない駅構内の場所まで列車で移動し、到着後は千葉県内唯一の転車台回転を見学する。

その後、木更津駅から再びキハE130形に乗って久留里駅へ。久留里駅から月崎駅までバス移動し、月崎駅から小湊鐵道キハ200形に乗車する。車内で昼食(弁当)を取り、五井駅で下車して五井機関区を見学。五井駅からは各自出発地に戻る。ツアーで乗車する小湊鐵道キハ200形には、ツアー限定のヘッドマークを掲出する。

JR久留里線キハE130形
小湊鐵道キハ200形

旅行代金は1万9,800円。1月31日出発分は「Go To トラベル」事業の対象となるため、支払い実額が1万2,870円となる。12月14日14時から、びゅうトラベルサービス「日本の旅、鉄道の旅」ページで販売開始する。

#JR東日本 #気動車 #鉄道イベント #中小私鉄 #三セク


JR東日本&小湊鐵道の社員が企画、気動車で巡る鉄道施設見学ツアー

関連記事

午前中を行く高崎線の車窓_すれ違うキヤE195系、秩父鉄道 三ヶ尻線のいま

道の駅「したら」オープンへ

鉄道減便、効果に疑問=通勤減らず混雑誘発—新型コロナ

JR四国2000系が登場した1989年、JR北海道キハ281系や北斗星24系_富士重工業 SUBARU の躍動

道の駅「したら」オープンへ=愛知県設楽町〔地域〕

知る人ぞ知る「究極」の駅が東北に? バリアフリー設備が充実した駅を旅行作家が厳選