JR九州は12月31日から1月1日にかけて開催されるハウステンボスでのカウントダウンイベントに合わせ、ハウステンボス駅から博多駅へ特急「ハウステンボス」の臨時列車3本を設定した。783系(4両編成)または787系(6両編成)を使用しての運転となる。

783系の特急「ハウステンボス」

ハウステンボスでは、年末年始のカウントダウンイベントとして、12月31日の21時から年明け後の深夜2時まで、約8,000発の花火を打ち上げる「みんなのカウントダウン 感謝・応援・祈り 2020-2021」を開催予定だという。防疫対策を徹底した上で開催し、場内が密集する場合、状況に応じて入場制限を行う場合もある。

カウントダウンイベントの開催に合わせ、JR九州は特急「ハウステンボス」の臨時列車を3本設定した。「ハウステンボス70号」はハウステンボス駅0時47分発・博多駅2時25分着で運転され、783系(4両編成)を使用。「ハウステンボス72号」はハウステンボス駅1時11分発・博多駅2時49分着、「ハウステンボス74号」はハウステンボス駅2時6分発・博多駅3時43分着で、ともに787系(6両編成)を使用しての運転となる。

#JR九州 #電車 #特急列車


JR九州「ハウステンボス」カウントダウンイベントに合わせ臨時列車

関連記事

方向幕「西武遊園地前」は見納め!? メットライフドームの101系クハ1262が更新、外観に変化

「Gakken ニューブロック」に新幹線E5系「はやぶさバッグ」新登場

「富士山登山鉄道構想」は実現する? ヨーロッパの事例から可能性を探る

「鬼滅の刃」の全面広告電車、バンコクの高架鉄道に

京都鉄道博物館「プラレール鉄道」本格始動に合わせたイベント開催

JR西日本「DLやまぐち号」復路のみ季節限定のヘッドマークを掲出へ