JR九州は12月31日から1月1日にかけて開催されるハウステンボスでのカウントダウンイベントに合わせ、ハウステンボス駅から博多駅へ特急「ハウステンボス」の臨時列車3本を設定した。783系(4両編成)または787系(6両編成)を使用しての運転となる。

783系の特急「ハウステンボス」

ハウステンボスでは、年末年始のカウントダウンイベントとして、12月31日の21時から年明け後の深夜2時まで、約8,000発の花火を打ち上げる「みんなのカウントダウン 感謝・応援・祈り 2020-2021」を開催予定だという。防疫対策を徹底した上で開催し、場内が密集する場合、状況に応じて入場制限を行う場合もある。

カウントダウンイベントの開催に合わせ、JR九州は特急「ハウステンボス」の臨時列車を3本設定した。「ハウステンボス70号」はハウステンボス駅0時47分発・博多駅2時25分着で運転され、783系(4両編成)を使用。「ハウステンボス72号」はハウステンボス駅1時11分発・博多駅2時49分着、「ハウステンボス74号」はハウステンボス駅2時6分発・博多駅3時43分着で、ともに787系(6両編成)を使用しての運転となる。

#JR九州 #電車 #特急列車


JR九州「ハウステンボス」カウントダウンイベントに合わせ臨時列車

関連記事

渋谷駅ホーム移設や秋田新幹線の雪落とし装置 土木学会が学会賞表彰 鉄道関係で10件受賞【コラム】

ホームドアない駅は「欄干ない橋」と同じ…視覚障害者に死の恐怖「整備急いで」

北陸新幹線敦賀延伸後、在来線特急の福井方面直通を断念した事情

大坂の「八百八橋」を支えた金融と政治の街 – 淀屋橋駅など(前編)

「阪急レールウェイフェスティバル 2021 ONLINE」8/31まで動画配信

伊豆箱根鉄道、富士山三島東急ホテル開業1周年でコラボ記念乗車券