埼玉高速鉄道は30日、初詣などで鉄道を利用する人のため、大みそかから元日にかけて終夜運転を実施すると発表した。あわせて今後の運転計画として、2021年春に最終列車の繰上げを含むダイヤ改正を実施することも発表した。

埼玉高速鉄道が大みそかに終夜運転を実施。東京メトロ南北線との相互直通運転も行う

年末年始は12月30日から1月3日まで土曜日・休日ダイヤで運転。大みそかから元日にかけて、赤羽岩淵~浦和美園間で約30分間隔の終夜運転を行い、全列車において東京メトロ南北線と相互直通運転を実施する。

2021年春のダイヤ改正では、浦和美園行の最終列車を含む一部列車について、最大で3分の繰上げを実施する予定。時刻表は決まり次第、改めて告知予定となっている。

#電車 #東京メトロ


埼玉高速鉄道、大晦日に終夜運転 – 2021年春に最終列車の繰上げも

関連記事

JR、GW期間の利用状況は – 東海道新幹線は前年比526%、前々年比27%

JR東日本、首都圏における列車削減を解除 – 5/7は通常の平日ダイヤ

海外の鉄道関係者を対象としたオンライン講座「Tokyo Metro Academy」の開講に向け、「無料オンライン講座」を開催します。

2021年度の鉄道事業設備投資計画【東武鉄道株式会社】

太川陽介、パワハラ指摘された『バス旅』の態度を猛省 「自分がイヤになった」

JR新山口駅、現住所は元号を用いた「山口市小郡令和一丁目2番1号」