ナビタイムジャパンは、ナビゲーションアプリ「NAVITIME」において、リアルタイムな列車遅延を考慮したルート検索機能の提供を開始した。

「NAVITIME」がリアルタイムな列車遅延を考慮したルート検索機能の提供を開始

「NAVITIME」では、これまでにも列車遅延時に遅延情報を表示し、遅延区間を避けた迂回ルート検索機能を提供していたが、ユーザーが遅れを考慮して出発時刻を設定し、ルート検索や対象区間を指定してから迂回ルートを検索する必要があった。

今回の機能拡充により、ルートの検索条件で「リアルタイム遅延考慮」をオンにしてルート検索すると、列車遅延がリアルタイムで発生している場合に、それを考慮したルート検索ができるようになる。東京メトロ、JR東日本(一部路線を除く)、都営地下鉄の各路線に対応する。

ルート検索画面と列車ごとの遅延状況表示イメージ

これにより、「『遅延で会社に何時に着くかわからない』『10分遅れている列車と他の路線のどちらが早く目的地に着くかわからない』といった列車遅延時の不安が解消できる」とのこと。時刻表でも遅れている列車を表示し、乗りたい路線がどれくらい遅れているのか、ひと目で確認できるようにした。

#電車


NAVITIME、リアルタイムな列車遅延を考慮したルート検索機能を提供

関連記事

沢口靖子「鉄道捜査官」最新作に“あの定番人物が不在?”異変にザワザワ

沿線住民に「愛されている」路線ランキング! 3位「埼玉高速鉄道線」、2位「北総鉄道北総線」、1位は千葉県の……?

不死鳥「ひのとり」で新幹線に挑む、近畿日本鉄道・名阪特急の歴史がすごい

張吉懐高速鉄道、通電走行テストを開始—中国

山村紅葉はどっちの役?沢口靖子「鉄道捜査官」ファン注目の「意外ポイント」

JR西日本「etSETOra(エトセトラ)」10/2から復路も呉線経由で運行へ