ヴィレッジヴァンガードはこのほど、ヴィレッジヴァンガードオンラインストアにて山手線デザインのカップホルダー型ルートート(簡易保冷機能付きカップホルダー)の受注を開始したと発表した。

山手線デザインのカップホルダー型ルートート。ドリンクの持ち運びに使える

カップホルダー型ルートートはドリンクを持ち運べるだけでなく、マドラーやミルクなどを入れるポケットも用意されており、デスク上では持ち手を倒してホルダーとして使用できる。

簡易保冷機能付きで温かさ・冷たさをキープすることもでき、使用しないときはフラットにたたんでバッグの中などに入れられるため、かさばらず持ち歩けるという。




山手線デザインのカップホルダー型ルートート





山手線各駅のデザインを用意

本体サイズは幅14cm、高さ9cm。持ち手は最短時で20cm、最長時で34cm。素材は表地がポリエステル、裏地がアルミボンディングを採用している。山手線の各駅(一部の駅を除く)のデザインを用意しており、価格は各1,650円となっている。

#駅 #子鉄 #JR東日本


山手線デザインのカップホルダー型ルートート – 簡易保冷機能付き

関連記事

ロッド・スチュワート、コンテナ7つで鉄道模型を米→英輸送

ツーリズムとよた×名古屋鉄道 タイアップ企画 『EMOTION!豊田篇』のキャンペーンが本格的に開始

参拝者などでにぎわい、地下化の計画も – 川崎大師駅(京急大師線)

「三陸鉄道」社長が語る、震災後の苦難と感謝の10年

JR西日本、白浜駅発着「くろしお」和歌山~白浜間の停車駅を統一へ

名鉄、平日朝の急行2本を対象に特別車両券「ミューチケット」発売