ヴィレッジヴァンガードはこのほど、ヴィレッジヴァンガードオンラインストアにて山手線デザインのカップホルダー型ルートート(簡易保冷機能付きカップホルダー)の受注を開始したと発表した。

山手線デザインのカップホルダー型ルートート。ドリンクの持ち運びに使える

カップホルダー型ルートートはドリンクを持ち運べるだけでなく、マドラーやミルクなどを入れるポケットも用意されており、デスク上では持ち手を倒してホルダーとして使用できる。

簡易保冷機能付きで温かさ・冷たさをキープすることもでき、使用しないときはフラットにたたんでバッグの中などに入れられるため、かさばらず持ち歩けるという。




山手線デザインのカップホルダー型ルートート





山手線各駅のデザインを用意

本体サイズは幅14cm、高さ9cm。持ち手は最短時で20cm、最長時で34cm。素材は表地がポリエステル、裏地がアルミボンディングを採用している。山手線の各駅(一部の駅を除く)のデザインを用意しており、価格は各1,650円となっている。

#駅 #子鉄 #JR東日本


山手線デザインのカップホルダー型ルートート – 簡易保冷機能付き

関連記事

北陸新幹線敦賀延伸後、在来線特急の福井方面直通を断念した事情

大坂の「八百八橋」を支えた金融と政治の街 – 淀屋橋駅など(前編)

「阪急レールウェイフェスティバル 2021 ONLINE」8/31まで動画配信

伊豆箱根鉄道、富士山三島東急ホテル開業1周年でコラボ記念乗車券

速くて便利な「高速鉄道」が誕生し、普及してきた経緯=中国

黒塗りのDD200形が川崎重工業を出場、行き先はJR九州 熊本車両センター