JTBパブリッシングは、鉄道好きのこどもたちに向けた知育玩具「るるぶ 鉄道将棋」を発売した。全国のJR車両60種類を掲載したカードを駒の代わりに、将棋をアレンジしたルールで遊ぶゲームとなる。将棋と同じく、「成り」でカードを裏返すと普通車両が特急車両に変わり、スピードアップするルールもある。

『るるぶ 鉄道将棋』パッケージ
車両を掲載したカード(イメージ)
B2判ポスターイメージ

メインの「鉄道将棋」のほか、「鉄道将棋上級ルール」「鉄道はさみ将棋」など思考力が身につく遊びや、「鉄道かるた」といった鉄道の知識が試されるゲームなど、幅広い難易度で遊べるという。対象年齢は5歳以上とされている。

ゲームボードとカードの他にB2判の大判ポスターが付いており、表面には全国のJR特急の運行系統やカードに描かれた60種類の車両を解説する「全国特急系統MAP&車両図鑑」を掲載。裏面は、「名車両と振り返る! 日本の鉄道150年」と題し、日本の鉄道史を年表にした。価格は1,500円(税別)。全国の書店やネット書店で販売する。

#子鉄 #電車 #鉄道模型 #玩具 #新幹線 #特急列車


「るるぶ 鉄道将棋」駒の代わりに車両カードで遊ぶ知育玩具を発売

関連記事

旭化成のクラウド型生鮮品物流ソリューション「Fresh Logi(TM)」とJR東日本水戸支社鉄道網を活用した新たな生鮮品物流システムの開始

マホロバ・マインズ三浦、”おもちゃの鉄道で遊べる”家族向けコンセプトルームの販売開始

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両、京都の伝統産業素材・技法を活用

名古屋市交通局「市営交通100年祭」PR動画を公開 – 懐かしい写真も

JR東日本E4系「Max」親子限定の新幹線車両基地ツアー – 8/19開催

「JR富山駅ビル」白色を基調にデザイン、立山連峰の雪景色イメージ