JTBパブリッシングは、鉄道好きのこどもたちに向けた知育玩具「るるぶ 鉄道将棋」を発売した。全国のJR車両60種類を掲載したカードを駒の代わりに、将棋をアレンジしたルールで遊ぶゲームとなる。将棋と同じく、「成り」でカードを裏返すと普通車両が特急車両に変わり、スピードアップするルールもある。

『るるぶ 鉄道将棋』パッケージ
車両を掲載したカード(イメージ)
B2判ポスターイメージ

メインの「鉄道将棋」のほか、「鉄道将棋上級ルール」「鉄道はさみ将棋」など思考力が身につく遊びや、「鉄道かるた」といった鉄道の知識が試されるゲームなど、幅広い難易度で遊べるという。対象年齢は5歳以上とされている。

ゲームボードとカードの他にB2判の大判ポスターが付いており、表面には全国のJR特急の運行系統やカードに描かれた60種類の車両を解説する「全国特急系統MAP&車両図鑑」を掲載。裏面は、「名車両と振り返る! 日本の鉄道150年」と題し、日本の鉄道史を年表にした。価格は1,500円(税別)。全国の書店やネット書店で販売する。

#子鉄 #電車 #鉄道模型 #玩具 #新幹線 #特急列車


「るるぶ 鉄道将棋」駒の代わりに車両カードで遊ぶ知育玩具を発売

関連記事

旧国鉄福知山機関区の歴史と鉄道員の奮闘ここに SL専門誌が特集

京阪3000系「プレミアムカー」連結、平日の快速特急「洛楽」に乗車

津田沼戦争の象徴、閉店決定したパルコの買い物客数減らした「鉄道の開業」

【youtube】ダイヤ改正で利用できる列車に変化?青春18きっぷで乗車できる観光列車にも注目!

世界の鉄道システム市場ーシステムタイプ別(補助動力、HVAC、推進力、車載制御、その他)、車両タイプ別(機関車、メトロ、モノレール、乗用車、その他)最後用途別(乗用車 、貨物列車)ー地域予測2027年

「バス旅」太川陽介の“新パートナー”候補に浮上したアノ“番組大ファン”