阪神電気鉄道と阪急阪神不動産は、昨年11月からリニューアル工事を進めていた阪神なんば線西九条駅西口高架下の商業施設について、12月上旬から新店舗が順次オープンすると発表した。

阪神西九条高架下施設西棟外観イメージ

築40年が経過し、老朽化が目立っていた高架下商業施設を美装化するとともに、店舗区画を拡充。4階建ての建物の1・2階を商業施設とし、2階に24時間フィットネスジム「FITBASE24」が3月に先行開業した。

新たに開業する1階は店舗区画を約1.5倍に拡大し、新規2店(居酒屋)と移転改装1店(ラーメン店)の計3店舗が12月上旬にオープン。2021年3月には、さらに新規の居酒屋1店が開業し、同年夏頃までに調剤薬局併設のドラッグストアがオープンする。

#駅 #阪神電気鉄道


阪神なんば線西九条駅西口高架下の商業施設、12月上旬から順次開業

関連記事

方向幕「西武遊園地前」は見納め!? メットライフドームの101系クハ1262が更新、外観に変化

「Gakken ニューブロック」に新幹線E5系「はやぶさバッグ」新登場

「富士山登山鉄道構想」は実現する? ヨーロッパの事例から可能性を探る

「鬼滅の刃」の全面広告電車、バンコクの高架鉄道に

京都鉄道博物館「プラレール鉄道」本格始動に合わせたイベント開催

JR西日本「DLやまぐち号」復路のみ季節限定のヘッドマークを掲出へ