阪神電気鉄道と阪急阪神不動産は、昨年11月からリニューアル工事を進めていた阪神なんば線西九条駅西口高架下の商業施設について、12月上旬から新店舗が順次オープンすると発表した。

阪神西九条高架下施設西棟外観イメージ

築40年が経過し、老朽化が目立っていた高架下商業施設を美装化するとともに、店舗区画を拡充。4階建ての建物の1・2階を商業施設とし、2階に24時間フィットネスジム「FITBASE24」が3月に先行開業した。

新たに開業する1階は店舗区画を約1.5倍に拡大し、新規2店(居酒屋)と移転改装1店(ラーメン店)の計3店舗が12月上旬にオープン。2021年3月には、さらに新規の居酒屋1店が開業し、同年夏頃までに調剤薬局併設のドラッグストアがオープンする。

#駅 #阪神電気鉄道


阪神なんば線西九条駅西口高架下の商業施設、12月上旬から順次開業

関連記事

「ひのとり」ブルーリボン賞 近鉄、特急「しまかぜ」に続き9回目

初代0系風列車でお祝い JR新居浜、伊予西条両駅100年 愛媛

渋谷駅ホーム移設や秋田新幹線の雪落とし装置 土木学会が学会賞表彰 鉄道関係で10件受賞【コラム】

ホームドアない駅は「欄干ない橋」と同じ…視覚障害者に死の恐怖「整備急いで」

北陸新幹線敦賀延伸後、在来線特急の福井方面直通を断念した事情

大坂の「八百八橋」を支えた金融と政治の街 – 淀屋橋駅など(前編)