阪急電鉄とソニー・クリエイティブプロダクツは、11月26日から「阪急電車で巡る リサとガスパールのスタンプラリー」をはじめとした各種企画を実施する。

「リサとガスパールのスタンプラリー」駅貼りポスター(C)2020 Anne Gutman & Georg Hallensleben / Hachette Livre

「リサとガスパールのスタンプラリー」は2020年11月26日から2021年2月15日まで開催。阪急電鉄の4駅に設置するスタンプを台紙に集めると、参加賞としてオリジナルキーホルダーがもらえる。ダブルチャンス賞としてオリジナルジグソーパズルが10名に当たる抽選にも応募できる。

スタンプラリー期間中、リサとガスパールのヘッドマーク電車も登場。神戸線・宝塚線・京都線で1編成ずつ運行する。また、スタンプラリーの各スタンプポイントには、記念撮影ができるリサとガスパールのフォトスポットを設置する。

ヘッドマークイメージ(C)2020 Anne Gutman & Georg Hallensleben / Hachette Livre
オリジナルグッズイメージ(C)2020 Anne Gutman & Georg Hallensleben / Hachette Livre

マルーンカラーの服を着たリサとガスパールのオリジナルグッズも発売。3連アクリルキーホルダー(800円)、ダイカットステッカー2枚セット(500円)、クリアファイル2枚セット(700円)、クリアファイル2枚セット(700円)、マグネットシート3枚セット(850円)、エコバッグ(800円)、缶ミラー(700円)の7種類を用意し、11月26日からアドレス西宮北口店、キデイランド大阪梅田店、阪急電車グッズ公式オンラインショップで販売する。

#阪急電鉄 #電車 #子鉄


阪急電鉄「リサとガスパール」スタンプラリー、ヘッドマーク電車も

関連記事

東海道新幹線0系・N700SをNゲージサイズに、ファミマで発売 – 京商

185系の写真を約120点、JR東京駅構内で8日から「メモリアル185系おもいで館写真展」開催

列車内でハンバーガー頬張った女性を告発、韓国

熊本電気鉄道、『オフィスおかん』の活用で従業員の健康意識向上 人手不足のバス・鉄道業界における人材定着率向上を目指す

リニア・鉄道館10周年イベント、開館当時の写真展示やプレゼントも

JR東日本、駅の役割変革へ3駅をモデル駅に – 駅ナカカレッジ開校も