山陽電気鉄道は27日、大みそかから元旦にかけての列車運転について発表した。例年、大みそか深夜に終夜運転を行っていたが、今年度は臨時列車による延長運転を深夜2時頃まで行い、区間も(阪急)神戸三宮~山陽須磨間に変更する。

山陽電気鉄道は大みそか深夜の終夜運転を行わず、(阪急)神戸三宮~山陽須磨間で深夜2時頃まで臨時列車を運転

土休日ダイヤにおいて、阪急神戸線の神戸三宮駅から山陽電気鉄道へ直通する下りの最終列車は神戸三宮駅0時10分発の山陽須磨行。大みそか深夜はこの最終列車の後に、神戸三宮駅0時45分発・1時15分発・1時45分発の臨時列車を設定。3本とも山陽須磨駅まで運転される。

山陽須磨駅からの上りも、定期列車の最終列車である東須磨行を(阪急)神戸三宮行に変更して延長運転を行うほか、山陽須磨駅0時46分発・1時16分発の臨時列車を設定し、いずれも阪急神戸線の神戸三宮駅まで運転される。

なお、須磨浦ロープウェイがリニューアル工事で休業しており、須磨浦山上遊園も全面休園となっているため、元旦の須磨浦公園駅における直通特急の臨時停車は実施しないとのこと。

#山陽電気鉄道 #電車 #阪急電鉄


山陽電気鉄道、大晦日は阪急神戸三宮~山陽須磨間で2時頃まで運転

関連記事

JR九州、西九州新幹線の車両デザイン決定 – 毛筆の「かもめ」書体

BS日テレの大人気番組「友近・礼二の妄想トレイン」を巻頭大特集!『脳内&リアルに楽しむ!達人が教える鉄道旅』2021年7月29日(木)発売!

50年前の廃線車両、「避密」の宿に…1両1室貸し切りで人気

JR西日本、電気式気動車DEC700形の技術的検証を8月中旬から実施へ

須田亜香里、股の間に“異物侵入”で村井美樹が「イケる?」質問シーンが激艶!

JR東日本、電気式気動車GV-E400系の運転体験 – つがる運輸区で開催