山陽電気鉄道は27日、大みそかから元旦にかけての列車運転について発表した。例年、大みそか深夜に終夜運転を行っていたが、今年度は臨時列車による延長運転を深夜2時頃まで行い、区間も(阪急)神戸三宮~山陽須磨間に変更する。

山陽電気鉄道は大みそか深夜の終夜運転を行わず、(阪急)神戸三宮~山陽須磨間で深夜2時頃まで臨時列車を運転

土休日ダイヤにおいて、阪急神戸線の神戸三宮駅から山陽電気鉄道へ直通する下りの最終列車は神戸三宮駅0時10分発の山陽須磨行。大みそか深夜はこの最終列車の後に、神戸三宮駅0時45分発・1時15分発・1時45分発の臨時列車を設定。3本とも山陽須磨駅まで運転される。

山陽須磨駅からの上りも、定期列車の最終列車である東須磨行を(阪急)神戸三宮行に変更して延長運転を行うほか、山陽須磨駅0時46分発・1時16分発の臨時列車を設定し、いずれも阪急神戸線の神戸三宮駅まで運転される。

なお、須磨浦ロープウェイがリニューアル工事で休業しており、須磨浦山上遊園も全面休園となっているため、元旦の須磨浦公園駅における直通特急の臨時停車は実施しないとのこと。

#山陽電気鉄道 #電車 #阪急電鉄


山陽電気鉄道、大晦日は阪急神戸三宮~山陽須磨間で2時頃まで運転

関連記事

近鉄12200系、臨時特急列車に! 4月の4日間、大阪・名古屋から1往復

鉄道事業者、どう稼ぐ? 経営支える駅ビルなどの関連事業 ポップアップ店舗をはじめ新しい取り組みも

超優等出世列車「寝台特急ゆうづる」に関する考察も——鉄道ファンの行司が書いた『大相撲と鉄道』には「相撲列車」の知られざる話がいっぱい

ロッド・スチュワート、コンテナ7つで鉄道模型を米→英輸送

ツーリズムとよた×名古屋鉄道 タイアップ企画 『EMOTION!豊田篇』のキャンペーンが本格的に開始

参拝者などでにぎわい、地下化の計画も – 川崎大師駅(京急大師線)