西武鉄道と西武トラベルは、特急車両001系「ラビュー」のブルーリボン賞受賞を記念し、親子で「ラビュー」にふれあう日帰りツアーを12月19日に実施する。貸切の「ラビュー」に乗り、武蔵丘車両基地と小手指車両基地を巡る体験ツアーとなる。

西武鉄道の特急車両001系「ラビュー」

武蔵丘車両基地では、「ラビュー」の乗務員室体験と記念撮影、床下機器見学など各種体験が可能。小手指車両基地では、「ラビュー」に乗ったまま洗車体験ができる。車内にて「プラレール」や西武鉄道グッズが当たる抽選会も実施。スマイルサンタによるプレゼント配布もあるという。

飯能発の午前の部、小手指発の午後の部があり、「ラビュー」の座席数422席に対し、参加者を午前・午後各50組100名に限定。車内のソーシャルディスタンスを確保する。小学生と保護者(高校生以上)の2人1組での申込みとなり、旅行代金は1組1万5,000円。「Go To トラベルキャンペーン」の対象となるため、支払い実額は1万円となる。地域共通クーポン2,000円も発行される。

ブルーリボン賞受賞記念キャンペーンツアーグッズ

旅行代金には、ブルーリボン賞受賞記念キャンペーンツアーグッズとして提供されるマフラータオル、マグカップ、ツアー参加記念西武線1日フリーきっぷ2枚が含まれる。西武飯能ペペ内「パティスリーツェルマット」の焼き菓子とお茶も付く。申込みはウェブ限定で行い、12月6日23時59分まで受け付け、応募多数の場合は抽選となる。

#西武鉄道 #鉄道イベント #電車 #子鉄


西武鉄道「ラビュー」を貸し切り、2つの車両基地を巡る親子ツアー

関連記事

JR東日本と農産物流通プラットフォームを共同運用

Suica対応Fitbit Charge 4が登場 日本のFitbitユーザーの移動と買い物がより快適に

【youtube】雪景色の長崎電気軌道の路面電車を撮り鉄してみた

鉄道業界はMaaSやワーケーションで地域観光再生に貢献 日観振が「日本の観光再生宣言」

電車飛び込み死亡、窓ガラス突き破り「乗客」巻き添え…鉄道会社は「責任」を負うの?

西武鉄道オンラインショップがオープン 秋には5000系・001系HOゲージ金属製ディスプレイモデルも登場