東京メトロは27日、日比谷線仲御徒町駅に新設した出入口(5番出入口)と改札口(中央改札)を11月28日始発から供用開始すると発表した。

新設した5番出入口のイメージ

仲御徒町駅では、バリアフリー設備の整備を目的に、駅中間部分に新たに出入口と改札口を整備した。新設の5番出入口から中央改札を経由し、日比谷線ホームへ向かうルートは、エレベーターでも移動可能なバリアフリールートとなる。

中央改札付近に多機能トイレも新設。ベビーカー利用者や体の不自由な駅利用者など、すべての人がより便利に駅を利用できるようになるという。

新設した中央改札のイメージ
新設ルート

東京メトロは引き続き、便利に安心して地下鉄を利用できるように、駅空間の整備に取り組んでいくと説明している。

#駅 #東京メトロ #地下鉄


東京メトロ日比谷線仲御徒町駅に新出入口・新改札 – 11/28供用開始

関連記事

小田急電鉄「ロマンスカーミュージアム」4/19オープン! カフェ併設

「プラレールフェスティバル in 京都鉄道博物館」開催へ 500系新幹線と「スピードジェット」大型バルーン模型が並ぶ!

近鉄12200系、臨時特急列車に! 4月の4日間、大阪・名古屋から1往復

鉄道事業者、どう稼ぐ? 経営支える駅ビルなどの関連事業 ポップアップ店舗をはじめ新しい取り組みも

超優等出世列車「寝台特急ゆうづる」に関する考察も——鉄道ファンの行司が書いた『大相撲と鉄道』には「相撲列車」の知られざる話がいっぱい

ロッド・スチュワート、コンテナ7つで鉄道模型を米→英輸送