仙台市交通局は12月2~28日、地下鉄東西線の開業5周年を記念した「5周年列車」を運行する。車両前面の三日月マークが印象的な東西線全15編成のうち、マークが金色になっている唯一の編成「金の前立て」車両で運行される。

仙台市地下鉄東西線で「5周年列車」として運行する「金の前立て」車両(写真手前)

「5周年列車」の運行にあたり、東西線カラーのブルーで描いた数字の「5」をトンネルに見立てた5周年記念ロゴのステッカーを車両外側に貼り、車内には東西線の歴史を振り返る全59種類のポスターを飾る。

ポスターはトンネル掘削やレールの投入、架橋など東西線の建設工事の様子、仙台港での陸揚げから車両基地への到着までを収めた車両運搬の様子、全線貫通式や一番列車出発式など節目の式典、各駅ごとにテーマの異なる駅舎デザインなどを写真で振り返る内容になっているとのこと。

#地下鉄 #電車


仙台市地下鉄東西線「金の前立て」車両で「5周年列車」12月運行へ

関連記事

四日市あすなろう鉄道、交通系ICカードシステムを8/21始発から導入

【youtube】嵯峨野観光鉄道トロッコ嵯峨駅にて点検中のDE10形ディーゼル機関車を見させてもらいました!

JR東海、大阪台車検査車両所に新幹線台車の不具合を体感できる装置

京急空港線、鉄道運転用電力量を再生可能エネルギーに置き換え運行

上毛電気鉄道の元京王3000系で運転・車掌体験、東武トップツアーズ

沢口靖子・鉄道捜査官のメンバーが大幅変更!新展開に高まる「期待」