相模鉄道は11月28日、同社キャラクター「そうにゃん」のグッズなどを詰め込んだ「そうにゃんお楽しみ袋 2020」を「SOTETSU GOODS STORE 二俣川」で販売する。

「そうにゃんお楽しみ袋 2020」イメージ

「そうにゃんお楽しみ袋 2020」は、今回のために特別にデザインした袋に、「そうにゃん」グッズや新型車両(12000系・20000系)のグッズ、最新商品・非売品などさまざまなグッズを詰め込んだセット。相鉄・JR直通線開業1周年を記念し、「そうにゃん」ファンやこどもたちにも楽しんでもらえるように、約9,000円相当の品を詰め合わせる。袋は不織布製で、エコバッグとしても使用できる。大きさは縦350mm×横400mm×マチ120mm。

価格は5,000円で、支払いは現金と交通系ICカードのみ。100セット限定で、1回あたりの購入制限はとくに設けないとのこと。

#相鉄 #子鉄


相鉄「そうにゃんお楽しみ袋 2020」9,000円相当の品を詰め合わせ

関連記事

鉄道用製品の不正検査問題、三菱電機が再発防止策で10月1日に記者会見へ

中国初の自動運転跨座式モノレールが登場—安徽省蕪湖市

一般の部大賞は「サフィール踊り子」を捉えた1枚 第14回タムロン鉄道風景コンテスト審査結果発表

地味なイメージの一新目指す「JR相模線」、その100年の歴史とは

【現場から、】SL食堂でコロナ禍を乗り切れ

鉄道イベント「高額化」に驚き コロナ禍も影響?1泊10万円の体験ツアーも登場