JR九州は22日、九州新幹線武雄温泉~長崎間に設置する新駅の駅名について発表した。同区間において、これまで仮称としてきた新駅の駅名は「嬉野温泉(うれしのおんせん)」「新大村(しんおおむら)」に決定した。

九州新幹線武雄温泉~長崎間では、6両編成のN700Sが投入される

九州新幹線武雄温泉~長崎間は2022年度秋頃の開業予定。新型車両N700Sを6両編成化して投入し、列車名を「かもめ」として運行することが決定している。

同区間に設置される計5駅のうち、既設の在来線と接続する武雄温泉駅、諫早駅、長崎駅は新幹線の駅名も現行通りとする。新設の2駅はこれまで嬉野温泉(仮称)駅、新大村(仮称)駅とされてきたが、両駅とも正式に駅名として採用されることになった。

新設の2駅は「嬉野温泉」「新大村」が正式な駅名に
大村線に新設される2駅の駅名は「大村車両基地」「新大村」に決定

なお、九州新幹線武雄温泉~長崎間の開業に合わせ、大村線に設置する新駅2駅の駅名も発表。大村車両基地(新大村駅から北へ約2.5kmの位置に設置される新幹線の車両基地)の最寄り駅となる松原~竹松間の新駅は「大村車両基地(おおむらしゃりょうきち)」、新幹線との併設駅となる竹松~諏訪間の新駅は「新大村(しんおおむら)」に決定した。

#駅 #新線 #新幹線 #JR九州 #電車


九州新幹線武雄温泉~長崎間「嬉野温泉」「新大村」など駅名が決定

関連記事

JR東日本「空間自在ワークプレイス」実験「新幹線オフィス」も予定

東武鉄道、社有林の間伐材で作ったベンチを沿線の希望者に寄贈へ

東武鉄道「スペーシア」デビュー当時のリバイバルカラー車両が登場

京急電鉄、1000形新造車両を新たに3編成 – 2021年度の設備投資計画

近鉄、7/3ダイヤ変更 – 最終列車繰上げ、本数・区間の見直しなど

JR中野駅新北口駅前エリア拠点施設整備事業、2028年度内竣工めざす