京都出身のロックバンド、くるりのニューシングル『コトコトことでん / 赤い電車(ver.追憶の赤い電車)』が12月25日に発売される。ジャケットはことでん(高松琴平電気鉄道)の車両をモチーフにデザインされたという。

『コトコトことでん / 赤い電車(ver.追憶の赤い電車)』(完全生産限定盤)のジャケット表面

収録曲の「コトコトことでん」は、2011年のことでん開業100周年イベントで披露した楽曲。タイトルの通り、コトコトと走る電車をイメージした軽快な曲調で、2018年3月に瓦町駅の発車メロディに採用された。もう1曲の収録曲「赤い電車(ver.追憶の赤い電車)」は、京急電鉄テーマソングとして2005年に発売したシングル曲「赤い電車」のアレンジバージョンとなる。

ジャケットは、グラフィックデザイナーの服部一成氏が琴平線の黄色い電車をモチーフに手描きでデザイン。裏面は志度線を走る「還暦の赤い電車」をモチーフとしている。

ジャケット裏面は「還暦の赤い電車」モチーフのデザイン

完全生産限定盤では、表題2曲のインストゥルメンタル音源に加え、実際に使用されている「ことでん 瓦町駅 出発メロディ」と「京急電鉄 品川駅(下り) 羽田空港第1・第2ターミナル駅(上り) 列車接近案内音」を収録している。完全生産限定盤は1,080円、通常盤は1,000円(いずれも税抜)。各種ストリーミングサービスや主要ダウンロードサービスでも配信する。

#電車 #京急電鉄 #子鉄 #中小私鉄 #三セク


くるり最新シングル、ジャケットはことでんの黄色い電車・赤い電車

関連記事

初代0系風列車でお祝い JR新居浜、伊予西条両駅100年 愛媛

渋谷駅ホーム移設や秋田新幹線の雪落とし装置 土木学会が学会賞表彰 鉄道関係で10件受賞【コラム】

ホームドアない駅は「欄干ない橋」と同じ…視覚障害者に死の恐怖「整備急いで」

北陸新幹線敦賀延伸後、在来線特急の福井方面直通を断念した事情

大坂の「八百八橋」を支えた金融と政治の街 – 淀屋橋駅など(前編)

「阪急レールウェイフェスティバル 2021 ONLINE」8/31まで動画配信