京成電鉄はこのほど、京成大久保駅の駅舎建替え工事の進捗にともない、11月26日始発から上り線の既存駅舎を閉鎖し、仮駅舎の使用を開始すると発表した。これにより、上り線改札口などの位置が変更される。

京成大久保駅の上り線改札口の位置が変更される

京成大久保駅は千葉県習志野市内にある京成本線の駅。日本大学・東邦大学や付属中高の最寄り駅であることから学生の街としての色彩が強く、2019年度の1日平均乗降人員は3万5,157人とのこと。

同駅はこれまで、下り線ホーム(京成成田・成田空港方面)・上り線ホーム(京成津田沼・京成上野方面)の西側にそれぞれ駅舎・改札口を設け、上り線ホームの東側に朝の時間帯のみ利用可能な臨時改札口(入口専用)を設置していた。

駅舎建替え工事の進捗にともない、11月26日始発から上り線ホーム西側の既存駅舎が閉鎖され、上り線ホーム東側の臨時改札口も終日閉鎖に。臨時改札口に隣接して設置された仮駅舎が使用開始となり、改札・券売機・駅務室の位置が変更となる。あわせて上り線の列車乗車位置も変更される。

#駅 #京成電鉄


京成大久保駅、駅舎建替え工事で上り線が仮駅舎に – 11/26始発から

関連記事

旭化成のクラウド型生鮮品物流ソリューション「Fresh Logi(TM)」とJR東日本水戸支社鉄道網を活用した新たな生鮮品物流システムの開始

マホロバ・マインズ三浦、”おもちゃの鉄道で遊べる”家族向けコンセプトルームの販売開始

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両、京都の伝統産業素材・技法を活用

名古屋市交通局「市営交通100年祭」PR動画を公開 – 懐かしい写真も

JR東日本E4系「Max」親子限定の新幹線車両基地ツアー – 8/19開催

「JR富山駅ビル」白色を基調にデザイン、立山連峰の雪景色イメージ