京成電鉄はこのほど、京成大久保駅の駅舎建替え工事の進捗にともない、11月26日始発から上り線の既存駅舎を閉鎖し、仮駅舎の使用を開始すると発表した。これにより、上り線改札口などの位置が変更される。

京成大久保駅の上り線改札口の位置が変更される

京成大久保駅は千葉県習志野市内にある京成本線の駅。日本大学・東邦大学や付属中高の最寄り駅であることから学生の街としての色彩が強く、2019年度の1日平均乗降人員は3万5,157人とのこと。

同駅はこれまで、下り線ホーム(京成成田・成田空港方面)・上り線ホーム(京成津田沼・京成上野方面)の西側にそれぞれ駅舎・改札口を設け、上り線ホームの東側に朝の時間帯のみ利用可能な臨時改札口(入口専用)を設置していた。

駅舎建替え工事の進捗にともない、11月26日始発から上り線ホーム西側の既存駅舎が閉鎖され、上り線ホーム東側の臨時改札口も終日閉鎖に。臨時改札口に隣接して設置された仮駅舎が使用開始となり、改札・券売機・駅務室の位置が変更となる。あわせて上り線の列車乗車位置も変更される。

#駅 #京成電鉄


京成大久保駅、駅舎建替え工事で上り線が仮駅舎に – 11/26始発から

関連記事

JR、GW期間の利用状況は – 東海道新幹線は前年比526%、前々年比27%

JR東日本、首都圏における列車削減を解除 – 5/7は通常の平日ダイヤ

海外の鉄道関係者を対象としたオンライン講座「Tokyo Metro Academy」の開講に向け、「無料オンライン講座」を開催します。

2021年度の鉄道事業設備投資計画【東武鉄道株式会社】

太川陽介、パワハラ指摘された『バス旅』の態度を猛省 「自分がイヤになった」

JR新山口駅、現住所は元号を用いた「山口市小郡令和一丁目2番1号」