東武鉄道は蒸気機関車C11形325号機の営業運転開始に先立ち、鬼怒川線で運行しているC11形207号機との重連運転を12月6日に実施する。

C11形325号機

蒸気機関車C11形325号機は2019年まで真岡鐵道で運行され、芳賀地区広域行政事務組合から東武鉄道が譲り受けた。整備の終了を受け、12月26日から「SL大樹」として運行する予定となっている。

12月6日の重連運転は、「2020 東武プレミアムファンツアー第1弾」として、南栗橋車両管区にて実施。ツアー参加者限定で「SL大樹」重連運行に試乗できるほか、重連で走る姿をカメラに収めることができる撮影会も行われる。南栗橋車両管区内のSL研修庫では、復元中のC11形123号機を見学できる。鉄道関連グッズの販売会も行う。

C11形207号機
復元中のC11形123号機

ツアーは北千住発と浅草発があり、北千住発で「スペーシア」利用の場合、旅行代金(支払い実額)は1万3,000円、北千住発で「スカイツリートレイン」利用の場合、旅行代金は1万400円。浅草発で「りょうもう」利用の場合は1万3,000円となる。いずれもツアーオリジナル掛け紙の弁当と記念品が付くほか、地域共通クーポンが発行される。地域共通クーポンの発行額は、北千住発で「スカイツリートレイン」利用の場合は2,000円、その他のコースは3,000円。東武トップツアーズのツアー専用ページで申込みを受け付ける。

#東武鉄道 #蒸気機関車 #機関車 #客車


東武鉄道、C11形325号機・C11形207号機の重連運転試乗会ツアー実施

関連記事

JR九州、西九州新幹線の車両デザイン決定 – 毛筆の「かもめ」書体

BS日テレの大人気番組「友近・礼二の妄想トレイン」を巻頭大特集!『脳内&リアルに楽しむ!達人が教える鉄道旅』2021年7月29日(木)発売!

50年前の廃線車両、「避密」の宿に…1両1室貸し切りで人気

JR西日本、電気式気動車DEC700形の技術的検証を8月中旬から実施へ

須田亜香里、股の間に“異物侵入”で村井美樹が「イケる?」質問シーンが激艶!

JR東日本、電気式気動車GV-E400系の運転体験 – つがる運輸区で開催