JR東日本は25日、山形新幹線(奥羽本線)のトンネル内における携帯電話サービスの提供区間を12月15日の始発列車から拡大すると発表した。これにより、東北・上越・北陸新幹線のほか、山形・秋田新幹線の全線において携帯電話の利用が可能になる。

山形新幹線「とれいゆ つばさ」

新たに携帯電話が使用可能になる区間は、山形新幹線(奥羽本線)の峠~大沢間と芦沢~舟形間の6トンネル、約2km。サービス提供事業者はNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクとなる。

今回の事業は、トンネルなどの人工的な構造物により電波が遮へいされ、携帯電話などが使用できない地域において、移動通信用中継設備などを設置して携帯電話などを使用できるように電波の適正な利用を確保することを目的として実施される「電波遮へい対策事業」にもとづく国の補助金を活用し、工事が行われている。

#JR東日本 #新幹線 #電車


JR東日本、山形新幹線全線で12/15から携帯電話サービス利用可能に

関連記事

FitbitがSuica対応のリストバンド型活動量計「Charge 4」を発売

九州新幹線西九州ルート、嬉野温泉駅舎出入口の愛称名決まる

リニア・鉄道館を飛行遊覧!? 新幹線食堂車で食事!? 3/15まで期間限定 体験ツアー実施中

JR東日本と農産物流通プラットフォームを共同運用

Suica対応Fitbit Charge 4が登場 日本のFitbitユーザーの移動と買い物がより快適に

【youtube】雪景色の長崎電気軌道の路面電車を撮り鉄してみた