JR四国は12月1日、同社が発売するオリジナルデザインの「ICOCA」であるICカード乗車券「SHIKOKU ICOCA」のカードデザインをリニューアルする。

新デザインの「SHIKOKU ICOCA」

新デザインの「SHIKOKU ICOCA」は、高松駅、端岡駅、坂出駅、宇多津駅、丸亀駅、多度津駅、詫間駅、観音寺駅、栗林駅、善通寺駅、琴平駅の計11駅にて、12月1日の営業開始時から各駅の窓口(営業時間内に限る)にて販売される。

価格はデポジット(預かり金)500円込みで2,000円。おとな用のみの発売となる。「SHIKOKU ICOCA」に定期券機能を付加することはできない。

現行デザインの「SHIKOKU ICOCA」

なお、当面は現行デザインカードと新デザインカードを併売するが、現行デザインカードがなくなり次第、新デザインカードのみの発売となる。

#Suica #PASMO #ICOCA #JR四国 #交通系ICカード


JR四国「SHIKOKU ICOCA」デザインをリニューアル – 計11駅で発売

関連記事

えちごトキめき鉄道 413・455系が試運転「越後」ヘッドマーク掲出

NEDOなど、難燃性マグネシウム合金製の鉄道車両構体の長期耐久性能を確認

JR東日本「只見海里」只見線の全線開通50周年を記念し8/29に運行へ

中国の高速鉄道が100メートルの海底を走るように—中国メディア

JR東日本、上越新幹線E4系「Max」定期運行ラストランが10/1に決定

JR東日本、勝田車両センターの60周年で見学ツアー – グッズも販売