JR四国は12月1日、同社が発売するオリジナルデザインの「ICOCA」であるICカード乗車券「SHIKOKU ICOCA」のカードデザインをリニューアルする。

新デザインの「SHIKOKU ICOCA」

新デザインの「SHIKOKU ICOCA」は、高松駅、端岡駅、坂出駅、宇多津駅、丸亀駅、多度津駅、詫間駅、観音寺駅、栗林駅、善通寺駅、琴平駅の計11駅にて、12月1日の営業開始時から各駅の窓口(営業時間内に限る)にて販売される。

価格はデポジット(預かり金)500円込みで2,000円。おとな用のみの発売となる。「SHIKOKU ICOCA」に定期券機能を付加することはできない。

現行デザインの「SHIKOKU ICOCA」

なお、当面は現行デザインカードと新デザインカードを併売するが、現行デザインカードがなくなり次第、新デザインカードのみの発売となる。

#Suica #PASMO #ICOCA #JR四国 #交通系ICカード


JR四国「SHIKOKU ICOCA」デザインをリニューアル – 計11駅で発売

関連記事

「プラレール」トーマスシリーズ新商品「超特急のケンジ」セットに

鹿島臨海鉄道、大洗~鹿島神宮間を減便 – 昼間は2時間に1本の運転

いすみ鉄道、土休日ダイヤの減便など実施 – 急行列車は1往復のみに

伊豆急行、185系「踊り子」最終運行で利用者・撮影者に「お願い」

レトロゲームとコラボ、JR北海道「流氷物語号」感動のフィナーレ

すごい枚数!「東武東上線 全46駅記念乗車券」3/13から限定数販売、大正時代に全通した東上鉄道がルーツの東上線系統46駅コンプリート