アキュラホームとJR東日本サービスクリエーションは、環境に配慮した製品を提供することを目的に、アキュラホームが開発した「木のストロー」を東北・北海道新幹線と北陸新幹線の「グランクラス」車内で12月1日から提供すると発表した。

「木のストロー」使用イメージ
「木のストロー」

東北・北海道新幹線と北陸新幹線の「グランクラス」アテンダントが乗車するすべての列車を対象としており、アテンダントによる車内サービスがない列車では、「木のストロー」は提供されない。「グランクラス」を利用する乗客が「木のストロー」を希望した場合に無料で提供し、「木のストロー」の在庫状況により、バイオプラスチック製のストローとなる場合もある。

2020年12月1日から2021年3月31日まで試行実施期間とし、「木のストロー」の製作は障がい者雇用を推進しているJR東日本の特例子会社、JR東日本グリーンパートナーズが実施する予定。プラスチックストローの削減、間伐材を含む国産材の活用促進、減災への寄与、障がい者・シルバー人材雇用への発展や自立支援などを導入の目的としている。

#JR東日本 #新幹線 #JR西日本 #JR北海道 #電車


東北・北海道新幹線&北陸新幹線「グランクラス」木のストロー提供

関連記事

JR、GW期間の利用状況は – 東海道新幹線は前年比526%、前々年比27%

JR東日本、首都圏における列車削減を解除 – 5/7は通常の平日ダイヤ

海外の鉄道関係者を対象としたオンライン講座「Tokyo Metro Academy」の開講に向け、「無料オンライン講座」を開催します。

2021年度の鉄道事業設備投資計画【東武鉄道株式会社】

太川陽介、パワハラ指摘された『バス旅』の態度を猛省 「自分がイヤになった」

JR新山口駅、現住所は元号を用いた「山口市小郡令和一丁目2番1号」