アキュラホームとJR東日本サービスクリエーションは、環境に配慮した製品を提供することを目的に、アキュラホームが開発した「木のストロー」を東北・北海道新幹線と北陸新幹線の「グランクラス」車内で12月1日から提供すると発表した。

「木のストロー」使用イメージ
「木のストロー」

東北・北海道新幹線と北陸新幹線の「グランクラス」アテンダントが乗車するすべての列車を対象としており、アテンダントによる車内サービスがない列車では、「木のストロー」は提供されない。「グランクラス」を利用する乗客が「木のストロー」を希望した場合に無料で提供し、「木のストロー」の在庫状況により、バイオプラスチック製のストローとなる場合もある。

2020年12月1日から2021年3月31日まで試行実施期間とし、「木のストロー」の製作は障がい者雇用を推進しているJR東日本の特例子会社、JR東日本グリーンパートナーズが実施する予定。プラスチックストローの削減、間伐材を含む国産材の活用促進、減災への寄与、障がい者・シルバー人材雇用への発展や自立支援などを導入の目的としている。

#JR東日本 #新幹線 #JR西日本 #JR北海道 #電車


東北・北海道新幹線&北陸新幹線「グランクラス」木のストロー提供

関連記事

JR東日本と農産物流通プラットフォームを共同運用

Suica対応Fitbit Charge 4が登場 日本のFitbitユーザーの移動と買い物がより快適に

【youtube】雪景色の長崎電気軌道の路面電車を撮り鉄してみた

鉄道業界はMaaSやワーケーションで地域観光再生に貢献 日観振が「日本の観光再生宣言」

電車飛び込み死亡、窓ガラス突き破り「乗客」巻き添え…鉄道会社は「責任」を負うの?

西武鉄道オンラインショップがオープン 秋には5000系・001系HOゲージ金属製ディスプレイモデルも登場