京成電鉄は東京都交通局と共同で、12月4日から「都営浅草線×京成線相互直通運転60周年記念企画」を実施する。

記念ヘッドマークデザイン

記念企画の一環として、相互直通運転60周年記念乗車券(京成線版)を12月4日から販売。乗車券4枚とオリジナルポストカード2枚、台紙のセットで、1セット1,000円。3,000セット限定で、京成線主要20駅の窓口で販売する。これとは別に、東京都交通局でも同価格の記念乗車券(都営浅草線版)を都営地下鉄主要16駅の駅長事務室で販売する。

また、2020年12月4日から2021年6月3日まで、京成電鉄の3100形に記念ヘッドマークを掲出。同デザインのヘッドマークが都営浅草線5300形にも掲出される。




記念乗車券に付くポストカード(京成線版・都営浅草線版)イメージ

#記念きっぷ #京成電鉄 #東京都交通局 #地下鉄 #電車


「都営浅草線×京成線相互直通運転60周年記念企画」12/4から実施へ

関連記事

JR、GW期間の利用状況は – 東海道新幹線は前年比526%、前々年比27%

JR東日本、首都圏における列車削減を解除 – 5/7は通常の平日ダイヤ

海外の鉄道関係者を対象としたオンライン講座「Tokyo Metro Academy」の開講に向け、「無料オンライン講座」を開催します。

2021年度の鉄道事業設備投資計画【東武鉄道株式会社】

太川陽介、パワハラ指摘された『バス旅』の態度を猛省 「自分がイヤになった」

JR新山口駅、現住所は元号を用いた「山口市小郡令和一丁目2番1号」