京成電鉄は東京都交通局と共同で、12月4日から「都営浅草線×京成線相互直通運転60周年記念企画」を実施する。

記念ヘッドマークデザイン

記念企画の一環として、相互直通運転60周年記念乗車券(京成線版)を12月4日から販売。乗車券4枚とオリジナルポストカード2枚、台紙のセットで、1セット1,000円。3,000セット限定で、京成線主要20駅の窓口で販売する。これとは別に、東京都交通局でも同価格の記念乗車券(都営浅草線版)を都営地下鉄主要16駅の駅長事務室で販売する。

また、2020年12月4日から2021年6月3日まで、京成電鉄の3100形に記念ヘッドマークを掲出。同デザインのヘッドマークが都営浅草線5300形にも掲出される。




記念乗車券に付くポストカード(京成線版・都営浅草線版)イメージ

#記念きっぷ #京成電鉄 #東京都交通局 #地下鉄 #電車


「都営浅草線×京成線相互直通運転60周年記念企画」12/4から実施へ

関連記事

旭化成のクラウド型生鮮品物流ソリューション「Fresh Logi(TM)」とJR東日本水戸支社鉄道網を活用した新たな生鮮品物流システムの開始

マホロバ・マインズ三浦、”おもちゃの鉄道で遊べる”家族向けコンセプトルームの販売開始

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両、京都の伝統産業素材・技法を活用

名古屋市交通局「市営交通100年祭」PR動画を公開 – 懐かしい写真も

JR東日本E4系「Max」親子限定の新幹線車両基地ツアー – 8/19開催

「JR富山駅ビル」白色を基調にデザイン、立山連峰の雪景色イメージ