京成電鉄は東京都交通局と共同で、12月4日から「都営浅草線×京成線相互直通運転60周年記念企画」を実施する。

記念ヘッドマークデザイン

記念企画の一環として、相互直通運転60周年記念乗車券(京成線版)を12月4日から販売。乗車券4枚とオリジナルポストカード2枚、台紙のセットで、1セット1,000円。3,000セット限定で、京成線主要20駅の窓口で販売する。これとは別に、東京都交通局でも同価格の記念乗車券(都営浅草線版)を都営地下鉄主要16駅の駅長事務室で販売する。

また、2020年12月4日から2021年6月3日まで、京成電鉄の3100形に記念ヘッドマークを掲出。同デザインのヘッドマークが都営浅草線5300形にも掲出される。




記念乗車券に付くポストカード(京成線版・都営浅草線版)イメージ

#記念きっぷ #京成電鉄 #東京都交通局 #地下鉄 #電車


「都営浅草線×京成線相互直通運転60周年記念企画」12/4から実施へ

関連記事

東海道新幹線0系・N700SをNゲージサイズに、ファミマで発売 – 京商

185系の写真を約120点、JR東京駅構内で8日から「メモリアル185系おもいで館写真展」開催

列車内でハンバーガー頬張った女性を告発、韓国

熊本電気鉄道、『オフィスおかん』の活用で従業員の健康意識向上 人手不足のバス・鉄道業界における人材定着率向上を目指す

リニア・鉄道館10周年イベント、開館当時の写真展示やプレゼントも

JR東日本、駅の役割変革へ3駅をモデル駅に – 駅ナカカレッジ開校も