WILLER、三井住友カード、QUADRAC、ビザ・ワールドワイド・ジャパン、三井住友銀行は20日、日本で初となる鉄道でのVisaのタッチ決済によるキャッシュレス決済サービスを11月25日から京都丹後鉄道で開始すると発表した。

Visaのタッチ決済の利用イメージ

このサービスは、均一運賃(1回券・1日券など)だけでなく、車両のGPSを活用することにより、距離制運賃(距離にもとづき変動する運賃)の決済も可能。海外では広く利用されている鉄道でのVisaのタッチ決済のしくみに、日本国内で求められる高速処理のニーズに対応したシステムを導入し、スピーディーに決済が完了する。

これにより、日頃から利用している乗客に加え、訪日外国人を含む来街者も券売機できっぷを購入する手間がなく、日常的に利用している決済手段がそのまま利用可能となるため、安心かつ簡単・便利に利用でき、公共交通の利便性が飛躍的に向上するという。

第1弾として京都丹後鉄道でサービスを開始。乗車時と降車時、駅・車内に設置された読取端末のVisaタッチリーダーにVisaのタッチ決済対応カード(クレジット・デビット・プリペイド)をかざすだけで、運賃の決済が完了する。利用履歴はウェブサイト(サービス開始時にオープン予定)から確認できる。今後はMaaSアプリや鉄道・バスを含むさまざまな交通サービスへの提供も検討していく。

#気動車 #中小私鉄 #三セク


京都丹後鉄道でVisaのタッチ決済によるキャッシュレス決済サービス

関連記事

【youtube】京急線往復乗車券+おしゃれなごはん+ごほうび付き「葉山女子旅きっぷ」!

京王電鉄、2021年度の設備投資は総額240億円 – 5000系1編成新造も

太川陽介「自分が嫌になった」 番組での態度を受け、口にした決意に反響

新幹線、特急、ナロー鉄道、路面電車、リニモ、SLまで個性豊かな中部地方の電車の写真が満載! 旅鉄Kids『なごやの電車大百科』刊行

築90年の駅舎解体、市民から惜しむ声…「地元のシンボル」保存目指すも難しく

澄んだ青空×真っ赤な花畑「天空のポピー散策往復バスツアー」開催