JR九州と宮崎交通は、宮崎駅高千穂口(西口)の複合商業施設「アミュプラザみやざき」の開業に先立ち、11月19日に駅前広場で「日向夏ポスト」の除幕式を開催する。

宮崎駅高千穂口(西口)の駅前広場に「日向夏ポスト」が設置される

「アミュプラザみやざき」は、宮崎駅大型再開発プロジェクトで誕生する複合商業施設。駅高架下の「ひむか きらめき市場」は10月14日に開業しており、高千穂口(西口)の「うみ館」「やま館」は11月20日に開業を迎える。

これに合わせて、JR九州と宮崎交通はJA宮崎経済連の協力を得て、発見から200年を迎えた果物「日向夏」をモチーフにした「日向夏ポスト」を制作。江戸時代に宮崎市で発見されて以来、長く県民に愛されてきたことから、宮崎駅や「アミュプラザみやざき」のシンボルとして末永く愛されるようにと、駅前広場への設置を決めた。

除幕式は11月19日13時から、宮崎駅高千穂口(西口)の駅前広場で開催。関係者による挨拶に続いて「日向夏ポスト」に掛けた布を取り払い、記念撮影で締めくくる。なお、当日は来場者に「サンA日向夏ジュース」を配布するという。

#駅 #JR九州


JR九州・宮崎交通、宮崎駅の駅前広場に「日向夏ポスト」除幕式開催

関連記事

JR北海道キハ40形「国鉄一般気動車標準色塗装」車両、釧路駅で披露

上田電鉄、別所線が3/28全線運転再開 – 当日は「無料乗車デー」に

京成トラベル「成田空港今昔ツアー」開催、旧成田空港駅の見学も

JR東日本など4社「未来の物産展 from 青森」VR技術で観光名所体験

JR東日本社員が撮影、185系写真展 – 東京駅「グランルーフ」で開催

鋼索鉄道事業の旅客運賃上限変更認可ならびに運賃改定の実施について