JR東日本千葉支社は18日、両国駅臨時ホームと特急「成田エクスプレス」の車両E259系を活用した臨時シェアオフィス「N’EXでテレワーク!」の実証実験を11月27・28日に実施すると発表した。

特急「成田エクスプレス」の車両E259系の外観(JR東日本千葉支社提供)

JR東日本では、「働き方改革」を含めた社会的課題に取り組むべく、駅ナカシェアオフィス「STATION WORK」の拡大を図っており、千葉支社管内においても11月27日から順次開業予定となっている。今回の実証実験は、その取組みの一環として、両国駅臨時ホームと「成田エクスプレス」車両を活用した臨時シェアオフィスの開設を通じ、既存の枠にとらわれない新たな価値やサービスの提供について検証する。

実証実験「N’EXでテレワーク!」では、11月27・28日の10~16時(最終受付は15時45分)に、両国駅3番線(臨時ホーム)に停車した「成田エクスプレス」車内をテレワーク空間として活用。コンセントが設置されている席で電源を利用できるほか、Wi-fiも使用可能(通信状況により利用に適さない場合がある)で、携帯電話やスマートフォンなどで通話する際は車両のデッキを利用することになる。

E259系の車内(JR東日本千葉支社提供)
「N’EXロゴ入りマルチクロス」(JR東日本千葉支社提供)

利用する際、事前に「STATION WORK」ウェブサイトでの会員登録や予約が必要で、予約した本人以外は利用できない。利用料金は15分間100円となっており、利用者限定の記念品「N’EXロゴ入りマルチクロス」がプレゼントされるほか、対象店舗にて特別サービスを受けることができる。

なお、千葉支社管内ではボックスタイプのシェアオフィス「STATION BOOTH」を千葉駅に4台、幕張本郷駅に2台、船橋駅に2台、西船橋駅に3台、海浜幕張駅に3台、新浦安駅に2台設置し、11月27日に開業予定となっている。

#JR東日本 #空港アクセス鉄道 #電車 #特急列車 #駅


JR東日本「成田エクスプレス」E259系でテレワーク、両国駅で実施へ

関連記事

コロナで打撃 みなとみらい線を運行する横浜高速鉄道の2020年度利用客は前期比35.4%減

【コンテナそのまま!】鉄道コンテナデザインのエコバッグがヴィレヴァン通販でご予約開始!

世界的な人気を誇る、鉄道がテーマのボードゲーム『チケット・トゥ・ライド:ヨーロッパ』に15周年記念版が登場!【日本語版好評発売中】

北京と上海結ぶ京滬高速鉄道が開業10周年、延べ13億5000万人を輸送—中国

世界初 鉄道用「同期リラクタンスモーターシステム」実証試験に成功

皆様の『手』で、非冷房車内を涼しく! 弘南鉄道応援うちわ 協賛募集開始