JR東日本は、2021年春に定期運用を終了する185系の活躍を振り返る企画「メモリアル185(EXPRESS TRAIN MEMORIAL185)」を実施する。185系はJR東日本において、定期列車で使用する最後の国鉄型特急車両に。「メモリアル185」では、長年さまざまな区間で運行された185系の思い出とともに歴史をひもとく企画やグッズ販売などが行われる。

「メモリアル185」特設ウェブページ

「メモリアル185(いっぱーご)」では、185系の思い出とともに足跡をたどる特設ウェブページを開設するほか、「メモリアル185系おもいで館」(写真展)を実施し、「あなただけの185系オリジナルトートバッグを作ろう」ピンバッジラリーも開催。記念グッズ・駅弁販売も行われる。

特設ウェブページは11月18日14時にオープン。「メモリアル185」の各種企画や、185系車両にまつわるコンテンツなどを掲載している。おもなコンテンツとして、185系の誕生から現在まで運用されたおもな列車の歴史をひもとく「185系40年の足跡」、185系を図解とともに細部にわたって解説する「もっと知りたい! 185系大解剖!」を用意。185系で使用された歴代ヘッドマークで運勢を占う「ヘッドマーク占い」(2020年12月以降)や、「185系特急『踊り子』動画配信」(2021年1月以降)も予定されている。


「メモリアル185」企画ロゴイメージ

「メモリアル185系おもいで館」では、東京駅・上野駅など首都圏のおもな駅の「アキュア」自動販売機と駅構内ポスター、特設ウェブページにおいて、JR東日本社員から集めた185系の思い出が蘇る写真やエピソードを掲出する。掲出箇所は後日、特設Twitterにて告知されるとのこと。11月18日から順次展開し、2021年3月末まで行われる。

ピンバッジラリーは、185系がデザインされたトートバッグを購入し、思い出とともに185系ゆかりの地を巡る企画。鉄道の旅を楽しみながら、「NewDays」などで販売される歴代ヘッドマークをあしらったピンバッジを集めてトートバッグをカスタマイズし、自分だけのオリジナルバッグを作ることができる。

トートバッグ(2,980円)は11月21日から、「NewDays」(「メモリアル185」企画指定店舗)、「TOKYO!!!グランスタ東京」、「GENERAL STORE RAILYARD 大宮」、「JRE MALL」(ショッピングサイト)などで販売される。

185系をデザインしたトートバッグ(イメージ)
「185系キーホルダー」(イメージ)
「185系マスク(ケース付)」(イメージ)

記念グッズ・駅弁も販売。185系記念グッズの「185系卓上カレンダー」(1,000円)、「185系キーホルダー」6種(各550円)、「185系マスク(ケース付)」2種(各770円)など、11月21日から「NewDays」(「メモリアル185」企画指定店舗)、「TOKYO!!!グランスタ東京」、「GENERAL STORE RAILYARD 大宮」、「JRE MALL」(ショッピングサイト)などで販売する。

2021年1月15日から、185系「踊り子」グッズの「185系踊り子オリジナルクリアファイル」「185系踊り子ステッカー」などを川崎駅(3店舗)、横浜駅(2店舗)、大船駅、小田原駅、熱海駅、伊東駅の「NewDays」で販売。「大船軒オリジナル掛け紙駅弁」(1,200円)を東京駅、品川駅、上野駅、新宿駅、大船駅(2店舗)、藤沢駅、小田原駅、熱海駅(2店舗)の駅弁販売店舗など、「祇園オリジナル掛け紙駅弁」(840円)を伊東駅の祇園伊東駅店で発売を予定している。

#鉄道車両の引退 #特急列車 #JR東日本 #国鉄 #電車


JR東日本「メモリアル185」定期運用終える185系の活躍振り返る企画

関連記事

旭化成のクラウド型生鮮品物流ソリューション「Fresh Logi(TM)」とJR東日本水戸支社鉄道網を活用した新たな生鮮品物流システムの開始

マホロバ・マインズ三浦、”おもちゃの鉄道で遊べる”家族向けコンセプトルームの販売開始

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両、京都の伝統産業素材・技法を活用

名古屋市交通局「市営交通100年祭」PR動画を公開 – 懐かしい写真も

JR東日本E4系「Max」親子限定の新幹線車両基地ツアー – 8/19開催

「JR富山駅ビル」白色を基調にデザイン、立山連峰の雪景色イメージ