〜海はなくとも、美しい自然と古くから受け継がれてきた宝物がいっぱい〜

株式会社昭文社ホールディングスとその子会社である株式会社昭文社は、マップエンターテインメント企画本『群馬のトリセツ 地図で読み解く初耳秘話』を、2020年11月30日より発売しますことをお知らせいたします。
シリーズ共通の構成を用いて、「絶景グラビア」+「地図で読み解く群馬の大地」「群馬を駆ける充実の鉄道網」「群馬にまつわる歴史の話」「群馬で育まれた文化や産業」の4章立てとなる本書は、知っているようで知られていない群馬のさまざまな一面を、地図で読み解いて見せます。

株式会社昭文社ホールディングス(本社:千代田区麹町、代表取締役社長 黒田茂夫、東証コード: 9475)とその子会社である株式会社昭文社(本社:千代田区麹町、代表取締役 清水康史、以下昭文社)は、マップエンターテインメント企画本『群馬のトリセツ 地図で読み解く初耳秘話』を、2020年11月30日より発売しますことをお知らせいたします。

)) 「トリセツ」シリーズの特長 ((
|| 各都道府県を1冊丸ごと取り上げ、地図を読み解きながら、地形や地質、歴史、文化、産業など特徴と魅力を紹介。
|| 知られていないトリビアをクローズアップし、読み物としてのおもしろさを追求。
|| ローカル色が強い地域の<もう一面>に着目し、地元民にますます身近な町を好きになっていただく内容を提供。

)) 『群馬のトリセツ』 の概要 ((
神奈川、千葉、福岡、兵庫、宮城、愛知、埼玉、広島、大阪、北海道に続く、群馬はシリーズ第11弾目となります。シリーズ共通の構成を用いて、「絶景グラビア」+「地図で読み解く群馬の大地」「群馬を駆ける充実の鉄道網」「群馬にまつわる歴史の話」「群馬で育まれた文化や産業」の4章立てとなる本書は、知っているようで知られていない群馬のさまざまな一面を、地図で読み解いて見せます。

地元民が親しみやすいご当地ネタが満載。群馬県民なら誰もが遊んだことのある「上毛かるた」。運動会のチーム分けは紅白の色分けより、山の名前にちなんだ「赤城組」「榛名組」が一般的。「県の形は鶴の形」と県民が口を揃える。愛してやまない粉ものソウルフード……
それらを切り口にした、「発行部数日本一の郷土かるた 上毛かるたで見る群馬県」「内陸県、群馬の地形と気候」「群馬のつる舞う形ができるまで」「焼きまんじゅうやうどんは火山が育んだ!?」等々地形、交通、歴史、文化などの解説には、ついつい引き込まれる、溢れるほどのローカル愛が詰まっています。

)) 県外の方々にも群馬のスゴさを知ってほしい ((
関東地方随一の温泉大国である群馬。そもそもどうして群馬にはこれほど多くの温泉があるのだろうか。そして歴史の深い群馬の温泉にまつわる伝説、ゆかりのある歴史人物、さらに「ひと味違う楽しみ方」といった気になるトリビアもたくさん紹介。

さらに、最近社会現象を引き起こしたアニメ映画とのコラボ列車で話題の「SLぐんま」。乗れること自体が貴重であるというその秘話や、全国的に有名なご当地キャラクター「ぐんまちゃん」は実は<2代目>といったウラ話など、興味をそそるテーマ記事をご用意しています。群馬観光をより楽しむ、ウンチクガイドブックとして使うのもおすすめです。

)) 主な特集 ((
|| 巻頭:絶景グラビア 写真で見る群馬の風景
群馬県の全35市町村マップ|群馬県の鉄道路線図
群馬県の主要道路地図|群馬県3D鳥瞰図|上毛かるたで見る群馬県
|| Part.1:地図で読み解く群馬の大地
|| Part.2:群馬を駆ける充実の鉄道網
|| Part.3:群馬にまつわる歴史の話
|| Part.4:群馬で育まれた文化や産業
|| Column:
データでわかる全35市町村vol.1 人口の増減|データでわかる全35市町村vol.2 観光
データでわかる全35市町村vol.3 農業 ・工業
|| 吉田初三郎が描いた群馬の鳥瞰図|上毛かるたにも登場する群馬が誇る、ゆかりのある偉人
群馬で見つけた日本で一番○○なもの

)) 商品概要 ((
商品名 :『群馬のトリセツ』
体裁・頁数 : B5変判、本体128頁
発売日 : 2020年11月30日
全国の主要書店で販売
定価 : 1,600円+税
出版社 : 株式会社 昭文社

#発売 #株式会社 #昭文社 #グラビア


<上毛のこと、もっと知ってほしい。人気シリーズ最新刊『群馬のトリセツ』発売

関連記事

えちごトキめき鉄道 413・455系が試運転「越後」ヘッドマーク掲出

NEDOなど、難燃性マグネシウム合金製の鉄道車両構体の長期耐久性能を確認

JR東日本「只見海里」只見線の全線開通50周年を記念し8/29に運行へ

中国の高速鉄道が100メートルの海底を走るように—中国メディア

JR東日本、上越新幹線E4系「Max」定期運行ラストランが10/1に決定

JR東日本、勝田車両センターの60周年で見学ツアー – グッズも販売