JR東日本盛岡支社は16日、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた各種対策のひとつとして、対象の5駅において新幹線の利用者にアルコールウェットティッシュを配布すると発表した。期間は11月21~23日を予定している。

駅での提供風景イメージ
提供するお手拭きシート(裏面)
提供するお手拭きシート(表面)

盛岡支社が実施する新幹線利用者へのアルコールウェットティッシュの配布は、今年8・9月に続いて3回目。一ノ関駅、北上駅、盛岡駅、八戸駅、新青森駅の5駅を対象に、各駅の新幹線改札付近にカゴなどを設置し、配布する。なくなり次第終了となる。

#新幹線 #JR東日本 #駅


JR東日本盛岡支社、新幹線5駅でアルコールウェットティッシュ配布

関連記事

鉄道各社 客貨混載輸送が拡散、その影で細々と残る新幹線 荷物輸送

【youtube プレゼント企画】水島臨海鉄道倉敷市駅のバラストが出てくるガチャガチャを引いてみた

JR九州、西九州新幹線の車両デザイン決定 – 毛筆の「かもめ」書体

BS日テレの大人気番組「友近・礼二の妄想トレイン」を巻頭大特集!『脳内&リアルに楽しむ!達人が教える鉄道旅』2021年7月29日(木)発売!

50年前の廃線車両、「避密」の宿に…1両1室貸し切りで人気

JR西日本、電気式気動車DEC700形の技術的検証を8月中旬から実施へ